大江戸骨董市 東京国際フォーラム会場

有楽町の大江戸骨董市へ午後から行ってきました。有楽町・東京国際フォーラム毎月第1・3日曜日に開催される大江戸骨董市は、約250店舗が立ち並び、外国人向けの商品も多く、沢山のの人で賑わいます。クレジットカードが使えるお店もあるんですよ。

今回の目的は、素敵な羽織をみつけること。1月に紫色の矢絣柄アンティーク着物を購入したので、それにマッチする羽織探しです。

アンティーク着物でお出かけ

バラ刺繍帯 × 矢絣アンティーク着物コーディネート

羽織を探すため、少し肌寒い1日でしたが何も羽織らず骨董市の散策。前回の骨董市で購入した紫色の矢絣着物に、お気に入りのバラ刺繍帯でコーディネートです(*´∀`*)

骨董品店「地球樹」

骨董品店「地球樹」 大江戸骨董市 東京国際フォーラム会場

まずは前回来たときに目をつけていた骨董品店「地球樹」にご挨拶。このお店は状態の良い素敵な銘仙着物を多数揃えてます。

販売のおねぇさんは、アンティークに染まったキュートなコーディネートでした。身長165cm以上あるスラリとした方で、アンティーク着物は丈が短いはずなのに、それを全然感じさせないのが素敵。

著者

背が高くても短い着物をステキに着こなすコツ!?
裄が短くてもあえてヒートテックの袖をのぞかせ、首元にも同色のマフラー。 差し色として同色アイテムを重ね着をすることで、寸法足らずなところに目線はいかず、着物のサイズを感じさせません。チラリと見える白いレースのエプロンで可愛らしさもUP♪

銘仙着物ゲット

銘仙着物購入 大江戸骨董市

羽織を買う予定でしたが、銘仙着物もやっぱり気になりお購入。

丈144cmで、太い青と辛子色の筋が入った縞柄3,500円。八掛は見えてないけど実はハッとさせられそうなほど鮮やかな黄緑で、そこに惹かれました。帯次第で面白いコーデになりそうで今から期待(゚∀゚)

紫アンティーク矢絣着物にマッチする羽織探し

羽織屋さん 大江戸骨董市 東京国際フォーラム会場

羽織は今まで老けて見えるイメージであまり好きじゃなかったんですが、何着か羽織ってみるとなかなかいい感じ。単に着物にマッチする羽織に出会えなかっただけ?

紫の着物に対して、
赤紫地の梅柄羽織? or 茶色地の撫子柄羽織?

赤紫の羽織は着物にピッタリだけど、茶色の羽織の方がいろんな着物にも合わせやすそう。悩む〜

羽織2着検討

そして赤紫で梅柄の羽織を購入しました。羽裏はアンティークな朱色に花柄。状態良くて汗ジミやホツレ無しのく2,500円で納得のお買い物(*´∀`*)

梅柄羽織購入

羽織はまさかのペアルック!?

あらビックリ!!!

買ったばかりの羽織を着て骨董市を散策してると、そっくりな羽織の方がいる!
「ぬいもの屋 個々」のおねぇさんです。記念に写真を撮らせていただきました。好みが一緒ですね(/ω・\)チラッ

帯をオシャレにリメイク「ぬいもの屋 個々」

ぬいもの屋個々 刺繍鳥モチーフとリメイクバッグ

「ぬいもの屋 個々」さんは、タンスで眠る思いで詰まった帯をリメイクし、再びバッグとして活躍させる素敵なお店です。帯自体が魅力的なものを使っているから!ということもあるのですが、それを引き立つようカッティングしてアレンジされた商品は、どれもレトロなのに新鮮な雰囲気でオシャレでした。

派手な柄を魅せるも良し、美しい織りの地模様を活かすも良し、帯にハサミを入れるの少し躊躇されるかもしれませんが、状態悪くて締めれないものだってある。そんな時はこの店にオーダーしてみるのもアリですよ。

次の骨董市で「ぬいもの屋 個々」さんが鳥ブローチ作家「IRODORI AZ」さんとコラボし、企画販売してたので特集です↓


実は骨董市に行く前、どのコーディネートにすべきか悩み、で組み合わせて楽しんでました。着物1枚に帯3本というけれど、帯6本試してます↓