春のリサイクル着物コーディネート

3月の骨董市では着物と帯、それに羽織も購入していて、家に帰って広げてみたら全身着物コーディネートが完成してしまいました。本当はその日着ていった小豆色のハイビスカス柄着物にあう羽織だけを探しに行ったんですけどね。まずは小豆色に合わせて購入した羽織からご紹介します。

小豆色の着物に合う羽織探し

羽織屋さん 大江戸骨董市

羽織って以前は年寄りくさい印象で、あまり好きではありませんでした。最近周りの着物愛好家さんを見て、羽織も良いもんだなと見方が変わり、少しずつ集めています。

今回も大江戸骨董市で立ち寄ったのは羽織だけ沢山揃えているブース。絞りから銘仙、黒羽織と種類豊富です。しかもいつもは値段に幅があるんだけど、今回羽織すべて1,000円だったのでメチャメチャ嬉しい。

著者 悩む

私の小豆色の着物に合う羽織はどれかしら?

1000円羽織購入 大江戸骨董市

その中で淡灰色の羽織に目がとまりました。安いのに羽裏の状態は良好。色が渋くてちょっと老けて見えるかな?とそこだけが心配…

絞りで染められたオレンジの花がアクセント。

正絹羽織 絞り染め 生地拡大

地紋の亀甲柄にも惹かれました。

著者

亀甲柄って?
六角形のパターンが特徴の亀甲柄。亀の甲羅の形からきてます。長寿の象徴「鶴亀」に結びついていて、多用されている吉祥文様の一つダヨ。

2千円で揃った着物コーディネート

2,000円リサイクル着物コーディネート 大江戸骨董市

羽織だけ買いにきたつもりが別のブースで袷着物にひとめぼれ。

著者 びっくり

アンティーク袷着物が500円。
汚れがあるんじゃないの?ほつれは?胴裏シミだらけなのでは?あら捜ししたものの、着物の状態は問題なし。しかもまだしつけ糸付き♪

それに合う半幅帯まで1,000円で見つけてしまい、気づけば買う予定の全くなかった黒羽織まで買ってしまいました。

著者 憧れ

黒羽織って昔は入学式のお母さんぐらいしか着てなくて、普段着にはちょっと…と思ってたのに、店員さんに勧められた黒羽織はおしゃれ。

古典的で優しい梅や菊などではなく、大胆なシャクナゲ柄。銀糸とピンクの織り柄が渋くてかっこいい。

ゴージャスな黒羽織の着物コーディネート

ただ胴裏のシミが気になる…黒羽織500円かぁ…と思いつつ購入。

著者 びっくり

袷着物500円、黒羽織500円、半幅帯1,000円と、合計2,000円。これだけで着物コーディネートが完成してしまうなんてツイてる♪

最初に買った亀甲地紋羽織にも、着物や半幅帯との相性良し。春らしいキュートな着物コーディネート完成です。

春のリサイクル着物コーディネート

安くて良い着物扱ってる「着物の越田」さん、ありがとう。この店はお手頃価格で希望にあった商品を勧めてくれ、さらに骨董市の狭いブースに着物式と等身大鏡まで用意してくれていて気持ちよく買い物をさせてくれておすすめ。

着物の越田 大江戸骨董市


開放的な屋外の骨董市では全然気づかなかったけど、実は古着の匂いが強烈でした。目が痛くなってきたので、洗濯機で洗ってみます。詳細はこちら↓

「大江戸骨董市」記事一覧