秋の大江戸骨董市

毎月第1,3日曜、有楽町で開催される大江戸骨董市、今朝もお散歩がてら行ってきました。11月に入り木々は少し色づいてきてます。それでもまだ羽織は無くても寒くなかったので、小紋着物でぶらーり。

今回骨董市の目的は、この小紋着物に合わせた帯を見つけること。白で小さな水玉の帯なら合わせやすいのはわかってるけど、もう少し温かみのある色、年齢にあった落ち着いたものがあれば欲しいと考えていたんです。

そして見つけたのが赤い帯。全品1,000円の店で状態良し。失敗したとしてもランチ代程度だ!と言い訳を付けながら購入。

赤い帯は古臭く見える?でも光沢あるなら少し違ったコーデができる?…かな…

骨董市で帯ゲット

ありゃりゃー!またやってもた
つるつるしない着物にキンキラ赤銅色の帯。こんなに素材が合わない、色も合わないなんて選びベタに自己喪失。何年フリマで着物を選んできたんだ私…。屋外ではこんなに光るなんて思わず渋い色でしか思ってなかったんだけどなぁ。有栖川文様で格調高いっての知ってるのに。

しかも薄くて気にもとなかったけど、これ名古屋帯じゃなくて袋帯じゃん。面倒くさい…

この帯タンスの肥やし決定!

小紋着物にメタリックな赤銅色袋帯コーディネートが合わない

さぁてこの帯を使い、なんとかコーディネートで出来るようにならんもんかなぁ〜
以前たんす屋まつりで下取り1枚500円会場割引券もらえたから、またそれが来るの待ち処分しちゃおうかなぁ〜