帯から御朱印帳ポーチ

以前骨董市で買った私には使いこなせないキンキラキンの袋帯。買い失敗!と嘆いてたら、ぬいもの屋 個々さんが素敵な御朱印帳袋にリメイクしてくれました。その帯を使って組み合わせたひどい着物コーディネートはこちら↓

一面金色と赤が輝く帯は普段着物に無理だったけど、この派手さが御朱印袋といった和小物になるとなんだかモダンです。帯裏の赤無地をあえて出すことでそう見えるのかな(*´∀`*)

大きさは縦15cm、横24cm。御朱印袋とか言ってながら、iPad miniもすっぽり入ります。

有栖川文様袋帯で御朱印帳ポーチ

私は御朱印袋を持ってないけど、着物でお出かけする時カメラやモバイルバッテリー、イヤホンなどカバンにグチャッと入れちゃうからバッグインバッグとして使おうかな。

御朱印帳ポーチを電子機器グッズ入れ

この御朱印袋、ファスナーのあるポケットと、2つ別れたポケット、手帳やはがきなど入るポケットと分けて整理することが可能。袋はマチがないので分厚いもの入れると豚バッグになっちゃうけど。

ポケットいっぱい御朱印帳ポーチ

ほんと買い失敗帯と思ってたのに、素敵な御朱印帳袋にリメイクしていただきありがとうございます。

思ったより帯裏が素敵な色だったので、表面より大きく使ってバッグにするのもいいかも。なんとなく創作意欲も湧いて、浴衣のときに欲しいショルダーバッグや、着物用に持ち手短くギリギリ折り畳み傘入りそうなバンブーバッグをイラストしてみました。

帯バッグ イラスト

ずっと頼んでるんですが、いつか理想のシルバー袋帯が見つかったら和洋使えるバッグ作ってもらう予定。

ぬいもの屋 個々さんは、思い出詰まった帯でリメイクオーダーしてもらえるので、気になる帯があったらぜひ(≧∇≦)/