半裁サイズの革からA4トートバッグを作る!

なにかと他の勉強が忙しくブログまで手が回らない状況だけど、11月から新たなバッグ作り始まりました。

浅草のBandy’sレザークラフト教室35回目、3つの課題を終え今回からオリジナルバッグ制作です。そこで作るのは2作目の課題と同じA4トートバッグ。また同じかーい!と思ってしまうけど、復習したいんです。

復習と言っても全く同じバッグじゃないですよ、違いはこの2点。キャンパス+レザーMIX→全面レザーと、バッグ開口部に中が見えないようファスナー追加です(≧∇≦)/

材料の真っ赤な半裁革は、2019年Bandy’sレザークラフト教室忘年会のビンゴゲームで引き当てたもの。ずっと眠っていて、使いたいと思ってたんですよね。

革には伸びる方向があり、間違って裁断するとバッグの型崩れのもとなので、今回はバンディ先生に粗裁ちしてもらいました。

半裁革の粗裁ち

そしてカットされたのがこちら↓

A4トートバッグ用粗裁ちレザーパーツ

私は切り分けてもらったパーツの裏に銀ペンでパーツ名を書き込んだだけ…
先生、ホントありがとう。

大きいと思っていた半裁革だけど、裁断後に残った革は小さなバッグ1つ作るのも厳しいサイズでした。

裁断後の端革

次は、型紙にあわせて本裁ちします(≧∇≦)/

『レザークラフト教室』一覧