A4トートバッグ制作

浅草のBandy’sレザークラフト教室22回目、今回はちょっと体調優れない感じです。そのせいなのか、縫い合わせを間違ったり、パーツの上下を間違って縫ったりと残念な日となりました。やったのは持ち手にカシメを打ち付けるのと、ハカマパーツ作成の2点です。

持ち手にカシメを打つ

カシメの穴をあける

前回の授業では持ち手を本体に縫い付けたので、根元にカシメを留めて固定します。まずはハトメ抜きで穴をあけ、カシメをセットしハンドプレス機でグッと圧着。

カシメをハンドプレス機でとめる

4箇所カシメを打ち付け、あっという間に終了。

バッグの持ち手にカシメをつける

著者 悩む

カシメをつける時に、上下の向きはあるの?


バンディ先生

特に向きは気にしなくても大丈夫。
ただしカシメを外す道具を使う時、オス側(突起が長い方)から差し込むようになってます。取り付け失敗の時のためにも、どっち向きに取り付けるかは自分でルールを決めときしょう。

ハカマパーツを作る

2枚のパーツをホッチキスで仮止めする

ハカマパーツをホッチキスで仮止めする

持ち手が完成したので、次はバッグ底部分のハカマパーツを作っていきます。2枚のパーツをつなぎ合わせて1枚にするので、ホッチキスでまずは仮止め。

ミシンで縫い合わせる

ミシンでハカマを縫い合わせる

ミシンでダーッと縫えば1枚に。そして仮止めのホッチキス針を外します。

ゴムのりをつける

ゴムのりを塗る

つなぎ合わせたハカマの端に裏側からゴムのりを付け、ハンマーで圧着。

著者 イエーイ

ゴムのりは、乾いてから張り合わせることが大事!

ハンマーでたたきゴムのりを接着させる

これで機能的には十分だと思うけど、飾りステッチをしてオシャレに…
ミシンにセットして縫う場所確認しようと先生に見てもらったら、残念な指摘が入りました。

まさかの縫い合わせ逆

ハカマパーツ縫い合わせ失敗

バンディ先生

2枚張り合わせが間違ってる!
中央が凹んでるから、左右逆だったね。

著者 悲しい

え?まさかの縫い直し?
なんにも考えず縫い合わせてしまい、疲れた自分が悲しい。

ゴムのりで張り合わせた部分を破けぬようはがし、ミシン目も糸切りバサミでぶちぶちカット。

ぼーっと糸をほどいてたら、「革をつまんでた手がハサミの刃先で危ない!別のとこ持って。また流血するよ!」と先生に言われ、慌てて持ち替えたりしました。こんなおっちょこちょいだから、いつも怪我するのね…

飾りステッチを施す

飾りステッチを縫う

時間かけてやり直したあと、飾りステッチです。サイドの2本ステッチね。ここでもミスってしまいました。バッグの上になる部分から底に向かって縫い、コの字に戻るように縫うと言われたのに、四角に縫い付ける始末。これくらい本体と縫いあわせる時に気をつければ、なんとかなるかな。

飾りステッチ完成

やり直しをしてあまり進まなかったけど、今回はここまで。

『レザークラフト教室』一覧