雪輪柄大島紬に黒地にカラフルな幾何学模様の塩瀬帯

軽くてさらりとした着心地に足さばきも良い大島紬、でも古臭いコーデになりがちなのが悩みです。以前持っていた柄に赤が少し入った大島紬は帯を何本か試した結果、結局のとこ白が一番スッキリして大人っぽくいんじゃない?って思ってました。

大島紬の柄が難しかったのではないかと思い、買い直したのが雪輪柄で無彩色。八掛も赤のぼかし染めから黒1色に取り替えてます。18,000円で購入したと思ってたけど、お直し代含め33,000円でした…

今回銀座シックスの着物ブランド「JOTARO SAITO」に行くのに、店の雰囲気を意識してモノトーン着物コーディネートしてみました。店での様子はこちらをどぞ↓

温かファーショール × 大島紬モノトーンコーディネート

大島紬にファーショールのモノトーン着物コーディネート後ろ姿

かっこいい着物姿を目指して選んだのが大島紬。あえて黒の大島紬に黒の染帯を合わせてみました。さらにダークグレーのファーショールをプラスし、とことん色を抑えてます。帯にはたくさん色が入ってるので、モノトーンとはいい難いのですが、とにかく手持ちアイテムで私なりのcoolはこれが限界(`・ω・´)ゞ

ファーショールの詳細はこちら↓

大島紬にファーショールのモノトーン着物コーディネート前姿

3月下旬でまだまだ寒く、羽織を着たほうがいいかな?と思ったけど、ファーショールは思いのほか温かく、防寒具はこれとロング手袋だけで十分でした。バッグは着物に合うものモノトーンがなかったので、以前レザーバッグ作家さんに作ってもらったバッグをチョイス。

大島紬に帯周り(帯揚げ、帯締め、帯留め)も黒アイテム

大島紬に黒染帯 黒半衿、黒帯揚げ、着物モノトーンコーディネート 前姿 40代

ファーショールを外してみました。

モノトーンコーデなら白半衿でも全然アリだと思ったものの、今回は全身ダークな色使いです。半衿はレースの黒、帯揚げも帯締めも黒でまとめるなんて初めて。いつもだったら黒の着物でも絶対に差し色として、鮮やかなピーコックグリーンやワイン色をプラスしてたのにね。オリエンタルな雰囲気のフリンジピアスも黒。

全身モノトーンなだけに、東武池袋たんす屋まつりで一目惚れ購入した2万円の黒地にカラフルな塩瀬帯が映える♪

大島紬に黒染帯 着物モノトーンコーディネート 前姿 お団子ヘア 40代

40代半ばで高い位置のお団子ヘアって若作りに見えるかな?と思ってたものの、背が低いからバランスとれて良いとしよう。(←自画自賛)
しかし足袋があんなに見えてたなんて、後ろの裾が短いまま出歩いてたんだなぁ〜

そうそう足元は防寒にトレンカ+別珍足袋です。こんな感じ↓

黒の帯・小物アイテム

モノトーン帯周りコーディネート 帯揚げ、帯締め、帯留め

最後に帯周りに使ったアイテムご紹介。
帯揚げは、着物初心者の頃に沢山アイテム増やしたくて、色合わせに自信なくても要望聞きコーディネートしてくれると謳った「帯締め・帯揚げ10点福袋9,000円」を楽天「きもの京小町」で購入したもの。帯締め・帯留めは2020年のキモノモダンの福袋8,470円に入っていたものです。

黒の帯・小物って昔は喪服しか駄目!って聞いてて普段着物に使うのは気がひけてたけど、柄やラメが入ってるからこそ、オシャレなスパイスとして使える。ということで、今回は大島紬に差し色しないモノトーン着物コーディネートでした\(^o^)/