アンティーク繻子名古屋帯

ネットショップ「アンティーク着物・中古着物のICHIROYA」で、念願の黒繻子名古屋帯を手に入れました。
金晩にポチったのでお店からの連絡は月曜で不安だったけど、綺麗に梱包された商品、購入者へきちんと配慮した文面、さらに着物生地のサンプルのオマケまで送られてきたから嬉しい。
“じんけん”に“きんしゃ”ってよくわからなかったけど、着物生地サンプルのおかげで理解。

早速アンティーク帯を着せ付けしてみました。

染大島紬にアンティーク帯

背面のインパクトあるキジ刺繍がクール。

染大島紬にアンティーク帯

アンティーク黒繻子帯に合わせたこの着物は、春に初めて誂えた大島紬です。
モノトーンの着物なら派手な帯揚げをしてクールに決めることもできる!と思い、地元のコミュニティホールで特設販売してた着物屋で衝動買い。
マイサイズの着物を手にすることができて嬉しかったけど、お母さんは「泥染めじゃなくプリントなんて」と嘆き、はじめて大島紬のこと知りました。

初めて誂えの着物なら訪問着とかにすべきなんだろうけど、自分の給料ではこれで十分。
軽くてなめらか、ぽっちゃりの私にぴったりな身幅、着心地最高。

でもグレーの着物ってなんだか難しいです。
肌?茶髪?が合わないのか?
よく考えたら洋服でも白っぽいグレーは似合わないから持ってない…

そしてこの着物の八掛けが大嫌い。
私が希望を出さなかった!というか八掛がわからなかったので、店員さんにどの色の帯でも合う黒のぼかしを勧められてお願いしたけれど、アンティーク着物好きで裏の方が可愛いと思えるものばかり着てる私にはなんだか物足りません。

染大島紬にボカシ八掛

八掛けを付け替えたい。
この八掛のせいでテンションが下がるからこの着物に袖を通したくない。
「真紅にしようかな?」と会社の人に言ったら「花魁みたい」と言われてしまい、緑?水色?と検討し、真剣悩んでます。
誰か価格も含め、アドバイスください。