大島紬×アンティーク帯

今日は美容室に行くのに着物に袖をとおしてみました。
この着物はしつけ糸がついたまま、お姑さんの形見として頂いたものです。
地味だけど、柄が細かく、遠目で見ると無地でデニムのようにも見えて好き。

アンティークのド派手な名古屋帯は、着物ならではの柄on柄でコーディネートを攻めるべきだと思うんですが、久しぶりの着物、そして40歳を過ぎて、派手になりすぎる自信がなく無難にまとめてしまいました。

半衿は帯揚げにあわせて赤紫色。色とりどりのコーディネートでも、少し離れたアイテムと同じ色みを持ってくるとまとまりが出てきます。
帯締めは帯揚げの渋い金地とお揃いの市松模様の三分紐。


著者

金×黒の市松模様三分帯は派手で買うのに躊躇したものの、アンティークコーデに最高のスパイス。オススメ!

無地っぽい大島紬なだけに芍薬柄の名古屋帯がババーンと映えるでしょ?

大島紬×アンティーク名古屋帯 角出し

いつも通ってる美容室でカラーを頼んだだけだけど、伸ばしかけのボブでアップしてくれました。

冬っぽいモフモフ付きのカゴバッグは、夏に買ったアタのカゴバッグにスヌードをかぶせたものです。

ファー付きアタバッグ

ミンネのイベントで友だちと一緒に作ったレザーチャームもゆらゆらと。
異素材つまったバッグになったけど、シンプルな大島紬にいいアクセントとなりました。

東京に引っ越してきてからあまり着物をきなくなってしまったけど、やっぱり着ると気持ち引き締まります。今年はもっとたくさん着ましょ(`・ω・´)ゞ