レザークラフト最終課題「ショルダーバッグ」

浅草のBandy’sレザークラフト教室25回目、今回は久しぶりに2枠入れていて、午前中に2作目のA4トートバッグを完成させたので、午後からは3作目の最終課題ショルダーバッグに入ります。

先生に選んでもらった裏地

先生に選んでもらったショルダーバッグ用の材料

ショルダーバッグ用に渡された材料は、なんとピーコックグリーンに大胆な玉葱柄の裏地が入ってました。

著者 びっくり

私は絶対選ばない、ポップな柄。こんなイメージに思われてるのね…

どんな柄でもいい!と伝えていたので先生のチョイスを楽しみにしてたけど、ブログ映えを考慮してくれたということで。

攻めた柄ばかりでなく、ちゃんとその人を考えて選んでくれます。シンプルなストライプや花柄、要望すればもっとキュートな柄やクールな生地も出してくれます。これがサンプルのバッグね↓

ショルダーバッグ縞柄裏地

型紙制作

ショルダーバッグの型紙写し

材料をもらって各パーツの説明を聞き、型紙作り開始。型紙はないんです。既に裁断してある各パーツを計測し、それを厚紙に写していきます。

著者

厚紙を四方対称に整え、目打ちも使い穴を開ける位置まで正確に作るぞー

モクモクと型紙を作成すること3時間、必要なパーツが仕上がったので、次回の授業では先生チェックから始まります。

他の生徒さんは何作ってる?

浅草のBandy’sレザークラフト教室 授業風景

1レッスン上限4人の浅草Bandy’sレザークラフト教室では、それぞれ作る内容が異なります。ただ基本の3課題が出されているので、まずはそれをクリアする。その後は自分が作りたいものを作っていいフリーレッスン。自分のペースで基本から順に学べるのがポイントです。

向かいで作っていた男性は、すでに最終課題の中盤までさしかかってます。

著者 びっくり

たしか以前同じ日に授業受けたときは私より手前の工程をしてたはずなのに、沢山レッスン入れてるから先に行ってしまった。。

隣りの女性は持ち込みの綺麗なピンク革を裁断中。

浅草のBandy’sレザークラフト教室 授業風景

著者 憧れ

フリー課題だわ、どんな作品を作るの?
ピンクの革にコラボする生地が気になる〜

いつも水曜夜間の授業を受けてるけど、めずらしく昼間受けたら当然生徒さんも変わり、それぞれの工程を見ることができて良い刺激になりました。

『レザークラフト教室』一覧