紺地に白うちわ柄浴衣

先日月島草市に、シンプルな紺地うちわ柄の浴衣で遊びに行きました。
子供達がメインの地元のお祭りで、カップルよりはファミリーの人々が集ってます。

私は古典的な黒地にうちわ柄の浴衣に紫の帯、ぽっちゃりしてまとめ髪な私は確かに年相応な雰囲気醸し出していました。
そもそも気をつけないと髪まとめたりすると和装は老けて見やすいんですよね。

屋台で並んでると、販売してるお兄さんに声を掛けられ固まってしまう私…

お母さん、何します?

そりゃ二十歳の子がいたっておかしくない年齢なってしまったけど、みんながみんなお母さんじゃなくってよ(ー ー;)

関西人としてはと思わず怒鳴って言ってしまいそうでした。

自分より年上の女性は、お年寄りだろうがお姉さんと呼びなはれ!

髪の毛をひっつめてるから老けて見えたのかな?この歳になればボブにして下ろした方が若作りできる?
せっかくの祭りでテンション下がりました(´;ω;`)

ちなみにこの日はアタバッグを持って行ってたのですが、いつも柄が長いなぁと感じてます。

浴衣にアタバッグ
浴衣には短い柄でスッキリ持ちたいですね。