床の間のしつらえ

7月28日、夏真っ盛りに茶道のお稽古。床の間は、暑さを少しでも和らげようと、滝の流れをイメージさせるような涼しげな書の短冊に、さざえ籠にお花を活けました。

お茶を立てる

茶道稽古

今日は母からお茶を点てます。

硝子の器にゼリー

お茶を点てている間、私は涼し気なゼリーを舌鼓。餡が少々苦手なんですが、このゼリーなら豆が数粒入っているだけで甘さ控えめ、食べやすかったです。
お皿はガラス製で、少しでも涼しく演出したいという亭主の心遣いが感じられますよね。

真夏の茶道お稽古着

絽色無地

この日の茶道稽古着は、1,600円で購入した1つ紋入の色無地です。
見た目は少し涼しげですが、ポリエステル地が肌にベタつく感じがしてなんだか熱い。長襦袢は涼しい素材のはずなのに。

汗をかく季節だもの、仕方なし!
茶道の先生は、洗濯したいから夏のお稽古にはいつもポリエステルの着物とおっしゃってました。

濃い色の帯揚げ帯締め

夏用帯揚げ帯締め

夏のコーディネートは淡くて涼しげなものが多いけど、あえて濃い色の帯揚げ帯締めで引き締めてみました。ただ薄い方がやっぱり涼しげに見えて良いかも。今回は帯締め帯揚げセット、セールで1820円と安くかったものの上級アイテムで使いこなせてない気がして仕方ない。

レース足袋

レース足袋

足袋はいつも愛用してる普段着用レース足袋。肌が透けない厚地のレースでちょっぴりフェミニン、そしてこはぜもないから楽チン。

夏に着物なんて暑いだけ!と言う人もいるけれど、やっぱ涼しい顔し、凛と着こなせるようになりたいです。