染大島に黒繻子帯

夕方からセミナーに行きたくて、本日は落ち着いた着物です。白半衿にモノトーンの染大島。カッチリした装いにしたかったけど、どうも苦手でテンション上がらず、帯だけはアンティークの黒繻子の帯でキメました( ̄^ ̄)ゞ

目つきの悪いキジの刺繍に惚れ込み思わず購入ボタンを押してしまったお気に入りのアンティーク黒繻子刺繍帯。

黒繻子キジ刺繍帯

ただこの帯なかなか結ぶのが厄介です。

なぜなら全長320cmと一般的な名古屋帯より40cmも短い
短いってことは普通にお太鼓結ぶのに長さが足らず、違う結び方をしないと厳しいってこと。

さらに光沢のあるサテンのような繻子が、すごく弱ってて裂けやすい
一度強く引っ張って締めたら、ピリッと胴回りが裂けてしまいました。

でもこの素晴らしい刺繍は現代なかなか手に入らないんですよね。アンティークだからこそお安く手に入れる事が出来たけれども、新品でもしあれば凄い価格。それだけ手間隙かけて刺繍してくれた昔の職人さんに感謝です。

刺繍の部分だけ残して作り帯にしないといけないのかな…。ビリビリに破けないよう大事に使わなきゃ。