染大島紬

夕方からセミナーに行きたくて、本日は落ち着いた着物です。
白半衿にモノトーンの染大島。
硬めの装いになりましたが苦手なのでどうもテンション上がらず、帯だけはアンティークの黒繻子の帯でキメました( ̄^ ̄)ゞ

黒繻子雉刺繍帯

このアンティークの帯は繻子で出来ており、ネットで目つきの悪いキジの刺繍に惚れ込み思わず購入ボタンを押してました。
ただ繻子は光沢があってサテンの様な風合いで素敵だけど、古いからか弱くて長さも短かく今より40cm短い320cmで、お太鼓結びなど難しくしっかり締める破ける危険性があります。
一度ピリッと胴回りが裂けた経験があり、なかなか締めるのが手ごわい。

でもこの素晴らしい刺繍は現代なかなか手に入らないものなんです。
アンティークだからこそお安く手に入れる事が出来たけれども、新品でもしあれば凄い価格。
それだけ手間隙かけて刺繍してくれた昔の職人さんに感謝です。
大事に使わないと。


落ち着いた普段着物にはおちつきながらもレトロで上品な琥珀の簪いかがですか?