春日大社初詣

朝から彼と一緒に奈良の実家に帰って新年のご挨拶。それから母と3人で父の墓参りしてしランチを食べたあと、母と分かれて奈良春日大社まで初詣に行ってきました。

実は私、生まれも育ちも奈良なのに、春日大社御本殿にお参りしたことありません。

のんびりJR奈良から東大寺までテクテク歩いてたら、ちょっと疲れが…
ただこのときは、駅から御本殿までの距離がどんなけあるか知りませんでした。

だんだん屋台などが立ち並び、賑やかな参拝雰囲気になってきて、後ろを振り返るとぞろぞろ多くの方が歩いてます。

なかなか目的地に着かないなぁ…
途中で滅入ってきたので鹿と戯れてみる。

ウール着物に奈良の鹿

緩やかな坂があったりと、砂利道歩くこと45分。
ようやく御本殿に着きました。

春日大社参拝

寒かった体もホッカホカ。家族の健康、それからこれからの幸せな結婚生活を願ってお祈り終了。

春日大社には「若宮15社めぐり」というのがあり、各お社にはそれぞれにご由緒があり素晴らしいご神徳を拝することができるそうです。全ての社をお参りすることはできなかったけど、金龍神社へだけは絶対お参り。辰年だもの。金龍神社は開運財運をお守りくださる神様♪

帰り際に鹿の角の突き合いに遭遇し、思わず力入って見入っちゃう。

鹿 角の突き合い

初詣の着物は先に墓参りで行くから濡れたり汚れるが予想されたので、ジャブジャブ洗えるウールアンサンブル着物です。

昭和レトロなウールアンサンブルコーディネート

黒地に小花柄のウールアンサンブルにくすんだ朱色の小袋帯。アンサンブルは帯の結び目が隠れるから、少々下手な着付けでもごまかせて好き。そして顔色が上がるよう防寒兼ねた白のかぎ針編みショールを巻き、お姑さんから頂いたレトロなハンドバッグを合わせました。

着物はやっぱり暖かい(*´▽`*)