ゴフクヤサン・ドットコム居内商店 船場センタービル実店舗 帯ディスプレイ

大阪にある着物屋さん”ゴフクヤサンドットコム 居内商店”をご存知ですか?最新のデジタル捺染(インクジェットプリンタ)を用いて斬新なオリジナル生地を生み出し、それで着物や帯を作って販売されているお店です。ネットでももちろん買えますが、大阪にある実店舗に伺ったのでご紹介(*´∀`*)/

ゴフクヤサンドットコム 居内商店

ゴフクヤサン・ドットコム居内商店 船場センタービル実店舗

お店は大阪船場センタービル7号館B1。前回店舗移転直後の2019年5月に伺ったんですが、2020年1月に行ったら通路挟んで反対側のスペースにも店が拡大されてました。

以前は行った時は無かった白い棚には、色彩豊かな帯が数多く整理されています。収納スペース半端なく、目移りしちゃって欲しい物が余計わからなくなる始末。でも選ぶ時間がまた楽しいんですよね。

実店舗詳細

場所:大阪船場センタービル7号館B1
最寄り駅:本町駅10番出口
営業時間:11時〜18時
定休日:水曜日と日曜祝日
販売HP:ゴフクヤサンドットコム
船場センタービルHP:船場センタービルアクセス

店頭のクールなマネキンコーディネート

ゴフクヤサン・ドットコム居内商店 船場センタービル実店舗 着物マネキン

この日は店頭の通路向きにマネキンが3体並んでました。どれも渋くてクールな組み合わせ。若い子がレンタルでよく借りる、カラフルで花柄の甘ったるい着物とは一線を画したコーディネートです。

3体のうち、右のマネキンに惹かれたので皆さん注目\(^o^)/

虎の柄絵羽きもの

虎の柄絵羽きもの ゴフクヤサン・ドットコム居内商店

店員さんに言われて気づいたのが、着物の裾に墨で描かれたような虎。ぷっくりしたネコっぽくも見えるけど。これをドドーンと全面に見せてくるなんてかっこよくないですか?絵羽だけに後ろもちゃんと繋がって胴体描かれてます。

この絵は長沢芦雪の描いた襖絵”虎図”。江戸時代の作品で、和歌山の無量寺に所蔵されてます。

しかもちらりと翻った時に見える八掛はネコ。ニャンとも粋で素敵すぎる(・∀・)
自分で画像編集できるなら、色を変えてお仕立てしてできるそうですよん。

虎の柄絵羽きもの ネコ柄共八掛 ゴフクヤサン・ドットコム居内商店

大黒さんと小判の柄京袋帯

大黒さんと小判の柄京袋帯 ゴフクヤサン・ドットコム居内商店

虎の柄絵羽きものに合わせた京袋帯(名古屋帯)は、艶やかな遊女に大黒さんが小判を振りまく図柄が描かれてます。これは私の大好きな浮世絵師、歌川国芳の作品。

しかもね、この帯に合わせて帯揚げは小判柄なんですよー。この写真じゃ見えないかなぁ。

大黒さんと小判の柄京袋帯に小判柄の帯揚げ ゴフクヤサン・ドットコム居内商店

twitterの方が、小判の帯揚げわかりやすいからそちらをみてね↓

こんな江戸時代の図柄が、お着物として楽しめるなんて素敵じゃないですか?ゴフクヤサン・ドットコムでは日本の図柄だけでなく、クリムトなど西洋絵画など、幅広いデザインの着物や帯が5000種類以上あるんですって。モニター越しだけでなく、一度実際の目で見て触れば釘付けになること間違いなし。

この店で素敵な帯を買いました。詳しくは次の記事にて↓

「ゴフクヤサン・ドットコム 居内商店」記事一覧