100kmウォークの友達が、我が家に遊びにきました。チビな私にはあまり似合わなかった大柄の浴衣を、彼女にプレゼントしたかったんです。それを着てお互い浴衣で近所のお祭り「月島草市」へGO!

プレゼントした浴衣やポップな”にじゆら浴衣”についてはそれぞれこちら↓

下町のお祭り「月島草市」

2017年月島草市

今年も7月8日(土)、9日(日)と月島で開催されました。もともとお盆用品を売る市だった月島草市、今では沢山露店が立ち並び、子供達がすごく楽しめるイベントとなってます。詳しくは昨年の記事見てね↓

大人が行ってそこまで楽しめるものあるの?って感じの祭りではあるけれど、着物好きな私としては子供達の可愛い浴衣姿を愛でることができるhappyなイベント。

浴衣姿の子供たち

カラフルな浴衣にふんわり兵児帯や、下駄だけじゃなく履き慣れたサンダルやスニーカーの子供たち。思わずスナップショット撮って集めちゃいました。

月島もんじゃ「ごえもん」

月島もんじゃ「ごえもん」

月島草市をぶらりとまわり、ランチに月島のもんじゃ焼き屋「ごえもん」へ。店内はこのあたりのもんじゃ屋さんには珍しく背の高い仕切りで区切られてます。なので人の目も気にすることなく昼間からカンパーイ\(^o^)/

「特製ごえもん」を注文したら肉、海鮮がたっぷり入ってました。

もんじゃの焼き方って知ってます?

まず具だけを刻みながら炒めてドーナツ状の土手を作り、真ん中に出汁を流し込むんですが、これが案外難しい。具だけじゃなく一緒に出汁もドバっと流れ、中々土手が固まリませんでした。気のせいか出汁シャバシャバすぎない?粉少ないから固まらないのでは??

オタオタしたものの溢れ出す出汁を食い止め焼き上がり。香ばしく焼きあがり、素材の旨味と出汁がマッチして、美味しかったです(*´∀`*)

明太もちチーズ もんじゃ

もう一枚、「明太もちチーズ」も追加で注文しました。いままでのもんじゃ屋さんでこの組み合わせは人気なのを知ってたんですが、なんか邪道な気がして注文してこなかったのが馬鹿らしく思えるほどの美味しさ。カリッカリに焼け焦げたチーズ、明太の程よい塩気、食べごたえのあるお餅で大満足。

もんじゃ焼きは店によって出汁の味が異なり、それが魅力となってるんですが、この店のもんじゃは味のバランス良かったです。ごちそうさま。