銘仙着物

野暮ったさが感じられるくすんだグレーに赤紫と青緑の花柄銘仙着物。リサイクルきもの屋さんで勧められ、安かったからその場のノリで買ってしまったんですがどうもコーディネートが難しい。暗めの印象がどうも活かせず悩んでます。

銘仙コーディネート1 幾何学模様の半幅帯

銘仙コーディネート 幾何学模様の半幅帯

まずは楽ちんな半幅帯から。くっきり赤×白の幾何学模様の半幅帯とあわせてみました。半幅帯には必要のない帯締めですが、グリーンの丸い帯締めをアクセントに付けるため締めてます。

銘仙コーディネート2 雪輪の名古屋帯

銘仙コーディネート 雪輪の名古屋帯

次は銘仙着物の時代にあわせ、アンティークな雪輪の名古屋帯とコーディネート。ついつい布団生地と思ってしまう短い雪輪の名古屋帯ですが、重たいカラーの銘仙の息抜きとしてクリーム色をプラス。帯締めもアンティークらしく蛍光グリーンの平組で、帯揚げは帯締めのトーンに合わせて濃いブルーです。

コーディネート後

どちらもやっぱり納得するコーディネートにはなりませんでした。それでも私の数少ない大切な着物アイテムたち。失敗も重ねてこそ理想のコーディネートができると信じてます(・∀・)