手ぬぐいを額縁に入れて飾る
100kmウォークに参加されてる注染手ぬぐい「にじゆら」さんが、大会に汗ふき用として提供してくれるので、いつの間にか沢山の手ぬぐいが増えました。
にじゆら手ぬぐい
普段はトイレのおてふきとして、また着物姿でお食事する際は膝にかけて保護する役割などしてたのですが、先日手ぬぐいで子供服を作る友達の家へ遊びに行った時、額に入れて飾っていた手ぬぐいがすごく素敵だったんです。
私もお気に入りの一枚を飾ろうと額縁を買いました。
手ぬぐい 額縁 リビング
職人さんが一点ずつ手作業で作られている環境に優しいこの額縁、フレームは光の加減で黒くみえてるけど柔らかいマットなこげ茶色、それによって手ぬぐいがより引き締まって見えてます。
手ぬぐい インテリア
今回3枚額縁を買い、夏をイメージしてブルーに統一。
レイアウトに何度も設置しなおしながら試行錯誤してると段々重たく感じられましたが、真っ白だったお部屋に素敵なアクセントとなりました。
この金魚が描かれた青の手ぬぐいは、北海道100kmを歩いたときに配られて、ずっと首にかけ共にすごした大切な宝物。
お部屋に飾って毎日のように見るのですが、辛くも感動した時間が思い出されます。
あの辛さも乗り越えれた、まだまだ自分は頑張れる!
手ぬぐい 額縁 インテリア
手ぬぐいは2000円前後とお手頃価格、四季折々入れ替えてお部屋のイメージチェンジするのも素敵かも。
お気に入りの手ぬぐいを額に入れ、お部屋に飾ってみませんか。
※追記
引越し後、壁に飾らず床に3枚額縁を並べて目隠し代わりに飾るようにしたらますますオシャレに。
詳しくはこちら「本棚をライトやフェイクグリーン(造草)でオシャレに見せる方法
注染手ぬぐい専門店にじゆら
http://nijiyura.com/