バラ柄着物の小振袖

押し入れを整理してたら、真っ赤な襦袢とともに母のバラ柄着物が見つかりました。

40年前の着物のお直し

40年前の着物の素敵なお着物ですが、シミやほつれがあってかなり傷んでいます。可愛いからもったいないからお直しすべき?
ネットで染み抜き屋を探したら、古いシミも落としてくれる店がありました。せっかく母の若かりし時代のものだから奮発しよう!とお直し代3万円で依頼しました。生地が弱ってるから完璧には落ちてなかったけど、それでも着る分には十分okな状態となりました。

ところが…今度はこの着物にあう帯がない。結局そのままお直ししたものの1年タンスの肥やしとなりました。

アンティーク小振袖のために帯購入

1年タンスの肥やしとなってた小振袖に最適な帯を先日発見。地元のコミュニティーセンターに奈良市内の呉服屋さんがやってきて、生成りのフォーマルな袋帯が売られ、仕立て代込3万円だったから買いました。

店に来たら着付してあげるよ!と言われ、今日は受け取りにお店に行きます。

写真館でアンティーク小振袖記念撮影

写真スタジオで着物写真撮影

着付けてくれるなら、ついでに記念写真を撮りたい。美容院で髪をセットしてもらい、呉服屋さんで着付けてもらいました。

撮影してもらったのは、近鉄奈良駅前にある呉服屋さん近所「小路谷写真館」です。母の古い着物の記念にとは思っていたものの、こういうのって恥ずかしいですね。

撮影後、「気に入った写真2枚選んで下さい」と言われました。膨大な中から選ぶって難しい。気に入ったものはみつからず、消去法でなんとか2枚選んで終了。

2009.12.01 追加
3週間後、スナップ写真が2枚1万円で完成し送られてきました。母も懐かしんで見てくれたので、お直ししてよかったです。

アンティークバラ柄着物