2月 東寺弘法市

東寺「弘法市」

毎月21日、京都の東寺で行われている弘法市に行ってきました。
弘法市とは、神社やお寺の境内で行われるフリーマッケットのことで東寺以外でもあちこち行われています。

ずっと行くのを楽しみにしてたんですが、弘法さんは平日休日関係なく21日開催なのでなかなか行けず、今日やっと行くことができました。
数年前、ビーズの販売代行をしてもらっていた時に一度遊びにきたんですけどそれ以来♪
当時もすごい賑わいでしたが、今日もすごい人で溢れてました。
なかなか前にも進めませんw(゚o゚*)w

着いてすぐ、腹ごしらえに広島焼き400円と焼きそば300円購入。
さらに熱々のわらびもち200円を食べて幸せ(*´∀`*)
沢山の食べ物屋が軒を連ねてますが、全体的に良心的な価格です。

本蕨餅屋 東寺弘法市

東寺弘法市では骨董品から手作り品、魚に漬物と沢山の商品が溢れかえってるんですよ。

骨董屋 東寺弘法市

京都の漬物って美味しいから、お土産に買って帰ろうかな。

漬物屋 東寺弘法市

絵画なども売られてます。

絵画販売 東寺弘法市

でも着物関連が一番お客さんを集めていた気がします。
私ももちろん色んなきもの屋さんを見て回り、興奮しっぱなしでした。

東寺弘法市詳細

開催日:毎月21日(雨天開催)
露店数:常時およそ1,200~1,300店
拝観時間:9月20日〜3月19日 8時半〜16時半 、3月20日〜9月19日 8時半〜17時半
場所:東寺境内 〒601-8473 京都市南区九条1

アクセス:
京都駅から徒歩10分
近鉄東寺駅から徒歩5分
京都市バス[東寺東門バス停]下車 すぐ
京都市バス[東寺南門バス停]下車 すぐ
京都市バス[九条大宮バス停下車] 徒歩3分

3時間ぐらい弘法市を楽しみ、せっかく梅の季節に京都へ来たのでついでに北野天満宮へ。

北野天満宮「梅苑公開」

梅の季節 北野天満宮

北野天満宮の梅苑は、菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本が紅白咲き乱れる梅の名所。
拝観料を払って中に入ると、7分咲きの梅が咲いてました。

梅苑 北野天満宮

今まで見た梅林の中で一番迫力があり、甘く良い香りで美しい。

梅苑 北野天満宮

入場料にはお茶菓子も付いており、梅を見ながら梅こぶ茶とお菓子でのほほーん。
こういう時間って幸せ、やっぱり寒い日が続いてても春はそこまで来てるって感じでした( ´∀` )

北野天満宮「梅苑公開」詳細

開催日:1月23日〜3月15日
入苑時間:10時〜16時
入苑拝観料(茶菓子付):大人(中学生以上)700円、子供350円
場所:〒602-8386 京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所
アクセス:市バス「北野天満宮前下車」すぐ

東寺弘法市での戦利品

東寺弘法市の戦利品はアンティーク長襦袢です。
吊るして売られていたのですが、可愛くて一目ぼれでした。

実店舗では15,000円で販売してるそうですが弘法市で12,000円、「値引くよ10,000円」と言われたもののそれでも踏み切れずお寺をひと回りし、また前を通ったら「9,000円にしとくよ」と言われ買っちゃいました。
アンティークな長襦袢は、チビの私に着丈がジャストサイズ。
あぁ、散財…

アンティーク襦袢