オレンジ矢絣柄ウール着物 × 幾何学柄半幅帯

涼しくなってきた10月、オシャレがより一層楽しめる季節。私は以前から気になってた「普段着着物の染織こだま」さんが、10月3連休の着物イベント「きものサローネ」でウールをテーマに出展されるのを知り、ウール着物を引っ張り出し行ってきました。
ですが出かけた日の最高気温は27度、周りは半袖でノースリーブの人もいてて、さすがにウール着物は暑かったです(-_-;)

ウール着物 着用時期

ウール着物は夏をぞいた秋から春までの3シーズン着用ok。ウールワンピースを持ってるけど、それが着れる季節であればウール着物でもokと思ってます(о´∀`о)

真冬のウール着物

だだ、、真冬でも温かいと思ってショールだけ羽織って出かけたら、裏地がないぶんスースーと風が突き抜け寒い思いをしました。よく考えたらコートもはおらずマフラーだけで真冬にセーターなんて寒いのと一緒。温かい色柄だと思っても、その辺りは要注意です。

著者

冬はヒートテック肌着を着たり、中にタートルネックで重ね着したりすれば快適に過ごせます。外出時はコート、手袋、ベレー帽などあわせるのがおすすめ。

ウール着物 お手入れ・洗濯

お手入れしやすいウール着物は、わざわざクリーニングに毎回出さなくても、洗濯ネットに入れ、おしゃれ着洗いで洗濯できます。セーターと同じように手入れすればいいと考えましょ。お財布に優しく普段着物に最適です。

著者 イエーイ

古いウール着物は素材が分からず色落ちするかも知れないから、他のものと一緒に洗うのは避けて試し洗いしてみて。また虫はウールを好むので防虫剤を忘れずに。

オレンジ矢絣柄ウール着物 帯4本コーディネート検討

昭和中期に流行ったウール着物ですが、いまではほとんど販売されてません。普段着物として着る人が減り、着物はハレの日の装い着となってしまったから。

手持ちのウール着物は、リサイクルショップでは500円で売られてたので即ゲットしました。元気で可愛いと思い選んだオレンジ矢絣柄、でも野暮ったくなるのはいなめません。色々アイテム変えてコーディネートをしてみたんですが、40代の私にはそろそろ無理があるかも…

その1-白地水玉名古屋帯

オレンジ矢絣柄ウール着物 × 水玉柄名古屋帯

色んな色柄にマッチする白の水玉柄名古屋帯。水玉にくすんだピンク、黄色、緑、茶色と色んな色が入ってるので合わせやすく、困った時はこの帯と思ってあわせます。昭和中期のウール着物にあわせ、帯締めもアンティークにしてました。

その2-幾何学柄半幅帯

オレンジ矢絣柄ウール着物 × 幾何学柄半幅帯

ウール着物だったら手軽に結べる半幅帯?着物と同系色の幾何学柄の半幅帯のコーディネートです。洋服では黒紺茶とおとなしい色ばかり着てるので、この派手な色合いは勇気いる!

その3-黄色博多半幅帯

オレンジ矢絣柄ウール着物 × 黄色博多半幅帯

半幅帯をもう一本。着物に合わせて暖色の黄色半幅帯です。博多帯でキュッと締め心地最高。焦げ茶の帯締めで、稚すぎる色を引き締めてます。

その4-黄色博多半幅帯 + 柄帯揚げ&柄半衿

オレンジ矢絣柄ウール着物 × 黄色博多半幅帯

オレンジに黄色博多半幅帯はおきゃんすぎるかと思い、グリーン系の柄物小物をプラスしました。かなり個性的になったかも。ただ、胸元の濃いグリーン系とオレンジが顔色を微妙になりました。

その5-黒繻子アンティーク名古屋帯

オレンジ矢絣柄ウール着物 × 黒繻子アンティーク名古屋帯

グリーン系の柄物小物を残し、帯は黒繻子アンティーク帯に変更です。帯に刺繍が施されたオレンジの花が、オレンジウール着物とベストマッチ。かなりインパクトのある昭和コーディネートとなったけど、どうも着る勇気は出ません。

まとめ

1本のウール着物に4本の帯で組合せてみましたが、実際着てみたらかなり印象が変わりました。でもこれを買った2011年の頃とは好みも年齢も変わってしまったようで、どうもしっくりこない。今度茶色や抹茶色など渋い色の帯で合わせ、色を落ち着かせてみたら今の歳でも着たいと思えるか、試してみたいと思います。