白銘仙に菊の帯

今日は大好きな白の銘仙です。
コーディネートがマンネリ化してきたので、着物に興味持ち始めた頃に買った黒の菊づくしの名古屋帯と合わせてみました。

アンティーク銘仙着物

昨夜水色の半衿を縫い付けたんですが、帯揚げも半衿と同じ色です。
帯締めは帯の葉っぱに合わせ、明るいレモン色の丸組にしました。
着物も帯も柄がいっぱいだから、半衿や帯締めとかもメリハリある色にしないとぼけてしまいそうです。

しかし黒地に鮮やかなオレンジの菊が埋め尽くされているこの帯は、合わせたい着物がなかなかなくて難しい。
ガチャガチャと煩い雰囲気になってるけれど、アンティーク銘仙とあってるでしょうか?


訪問着など上品なコーディネートには淡い色合いの帯揚げが基本なのかもしれないけれど、アンティーク着物は濃いカラフルな帯揚げでしっかり差し色アイテムとしてキメるのがオシャレ(`・ω・´)ゞ