単衣着物

梅雨の晴れ間、紺でまとめた単衣着物で茶道の稽古へ。

今月は可愛い茶器を用意され、玉露を入れてくれました。
いつものお薄じゃないんですね。
正式ではないからといいつつも、心得のある先生は煎茶をもてなしてくれます。

玉露

60度くらいで甘み・旨味がが引き出され美味しくなる玉露、湯冷ましのため玉露の茶葉を入れずお湯を急須に注ぎました。
そしてお湯を冷ます為、一旦お茶碗にお湯を注ぎます。
お茶碗を温めている間に急須に茶葉を入れ、お湯が冷やされたところで急須にお湯を戻します。
砂時計で時間を測り、じっくり茶葉から旨味がひきだされたところでお茶碗に均等に回しつぎ、最後の一滴まで入れてくれました。
この最後の一滴が美味しさ詰まってるんですって^ ^

ほんのり甘い玉露、美味しかったです。

今月も沢山花を持ってこられたので、花所望をしました。
花所望とは、本来亭主が花入に花を入れる行為を客人にもやってもらうよう所望し、楽しんでもらうことです。

花所望

沢山の花が乗せられた花台を床におき、客人が花を組んでいきます。
華道のような決まりはないけど、一本一本花を差し入れていくのでなく、花入れに入れる前に手元で組んでからサッと入れましょうと言われ、私はなかなか構図が定まらないので苦手。

主菓子はすがすがしい梅の形をしてました。
餡はやっぱり苦手ですが頂きます。

主菓子

干菓子の盆にも今回なぜか餡ある(^_^;)
落雁とか食べたいです・・・

お干菓子

終了間際先生が一言。
「月に一度のお稽古でみんなすっかり作法を忘れてしまう為、回数増やしますか?」
でもみんな5時間コースの稽古でヘトヘト、結構ですと…
毎回茶道のお稽古は記憶リセットですが常に新鮮です^^;