以前安く買った銘仙についてるシミがずっと気になってました。購入時の様子はこちら↓

目立つ衿の部分のシミなので、せっかく買ったもののどうしても着る気になりません。皆さまから温かいアドバイスを頂いたものの、そのまま放置すること4か月。先月買った手ほどき七緒の「お手入れ」大百科を熟読し、やっとシミ抜きする気になりました。

まずは道具から準備します。

シミ抜き準備

ベンジン

まずベンジンを買うためコーナンに向かいました。お母さんは100円ぐらいでベンジン売ってるんじゃない?と言うから100均で探していたのに、ホームセンター「コーナン」で見たら700円、そりゃ100均ではみつからないですね(´;ω;`)

シミ抜き用ブラシ

本では馬毛の染み抜きブラシを使っていたのですが、家で探したらハイベック専用ブラシが出てきました。シミ抜き用なんだけど使える?

霧吹き

霧吹きがありません、買い忘れました。まいっか。

シミ抜きトライ

準備したところで窓開け、コタツの上に着物を広げます。着物の下にはサラシ布を敷くらしいけど、無いのでガーゼのハンカチ敷きました。

次にベンジンを霧吹きで吹きます。でも霧吹きが無い…仕方ないからガーゼにベンジン付けてふきふき。

そしてベンジンを含ませたブラシでブラッシング。

なかなか消える気配がない・・・おかしい。それでもしつこくブラッシングしてみました。

シミが取れたかよくわかんなかったんですが、ドライヤーの冷風で乾かします。少しはましになったかな?なんだか布が傷んだし~
もしかしてシミが広がってボケただけかもしれません。

シミ抜き前

銘仙着物 染み抜き前

シミ抜き後

銘仙着物 染み抜き後

やっぱりシミが気になるので、上からレースでもつけてごまかそうかな(-_-;)