アンティーク バラ柄小振袖

お母さんの婚礼ダンス上段に入ってた複数の大きな箱。
「たいしたもの入って無いよ」と言ってたけど、何十年もあけたことのないフタをあけてみました。

プーンと防虫剤が鼻につき、ウコンの風呂敷を広げるとガッカリ。
地味なものばかりで、どうやらおばあちゃんの形見だったようです。

さらに別の箱を開けていくと、明るい色の着物が見つかりました。
クリーム色に華やかなバラの着物、アンティークな雰囲気に大興奮。
それに合わせた真っ赤な長襦袢、しかも地金粉まき散らしたような華やかなものです。

これ実は母が若いころ仕立てた着物でした。
なんで教えてくれなかったのー?と聞くと、母は昔から着物に興味ないので、すっかり忘れていたようです。

そして昔はいつも派手に転ぶ人だったらしく、この着物でスッテンテンーッ!!
脇も糸ほすれたまま、さらに手入れもせず30年以上放置。
汗シミもばっちりついていて悲しくなりました。

シミが激しすぎる(´;ω;`)

袖を通してみると案外大きい。母は私より身長6cmも高いんです。
でも袖が微妙に長いよ?なんで?
既製品の小紋だと49cmなのに66cmあります。

これ小振袖っていうものなんでしょうか?

バツイチで一応未婚とは言え、30代で小振袖ってマズい?
着たいけどうーん…

とりあえずシミ抜きのこと調べて、着れる状態になるのか修復にいくら掛かるのかまずは調査してみます(`・ω・´)ゞ