お召着物、レース、小花柄名古屋帯

会社の帰りに、手芸専門店「ABCクラフト」に行き、半衿や帯揚げに向きそうな生地探してきました。
着物初心者でわからないことばかりだけど、それでもカジュアル着物を楽しんでみたいんです。

半衿でカジュアル着物

半衿は一般的に白、正絹、しぼり、刺繍など清楚なものが多いですが、絹とか刺繍が施されているものは、それなりにお値段が高くなってきます。
ですがアンティーク着物系の本では、手ぬぐいやワッフル地などリーズナブルな生地で半衿を楽しむことが紹介されてました。やってみたいな。

帯揚げ用の生地探し

帯揚げも多くは絹製品だから、買うと高いです。
だったら絹じゃない素材で自分で作ろうと思い、生地コーナーに行ったものの、帯揚げ寸法を全く調べてきませんでした。

帯揚げ作るのに、長さ何センチいるの?
結んで両脇まで布を見せるぐらいだから、ウェストの1.5倍くらい?

幅は何センチ?
着付けした時、たしか手のひらの幅だったから15cmくらい?

90cm幅1m980円の布を手にし、購入サイズに悩みました。
着物姿のウェスト70cmとして1.5倍の105cmが必要、50cm買って途中で繋げば大丈夫かな?
つなぎ目は背中で帯に隠れて見えないはずだし。
サイズがはっきりしないものの、帯揚げ用に90cm幅の反物50cmに裁断してもらい生地購入しました。

帯揚げ制作失敗

帰宅後、90cm布をつないで180㎝にしたら、帯揚げに長すぎ!

長さ150cmもあれば十分でした。
しかも帯揚げとして使ってみたらしっくりきません。

そしてガーゼは帯揚げの素材に不向きだわ(´;ω;`)ウッ…

まぁ、なにごとも経験です。

アンティーク水玉お召着物

幅広レースでアレンジ

帯揚げ用の生地を購入した時、となりのワゴンでカット済レースがあったので、幅広のレースも合わせて購入してました。

レースを伊達衿として着付けしてみると姫系?

でも、30代でこれは、かなりロリ系でイタいかも^^;
ま、これはこれで気に入ったので今回はOK♪


上品な刺繍半衿でもポリエステルなら安く売られています。可愛い柄も沢山あるしこれなら気軽に楽しめそう。