第27回 横浜華道協会 新進作家展(花笑)

友だちが華道をしていて華道展に出品するので、朝から見に行ってきました。
上品な装いのほうがいいとかなと思い夏着物で出かけようと考えていたんですが、百貨店で有松絞浴衣にぴったりな半幅帯も探したくて、大人浴衣の着物風でお出かけです。

第27回 横浜華道協会 新進作家展(花笑)

第27回 横浜華道協会 新進作家展(花笑) 作品

2017年7月26日(水)~7月31日(月)の期間中、横浜髙島屋で開催している第27回 横浜華道協会 新進作家展(花笑)

なんか自分の思ってた華道のイメージより自由で華やかだったからビックリしました。
地元の公民館と、春に見た池坊のライブしか意識して見たことなかったんですよね。

華道のイメージ

華道って四季を感じられる和花中心で、凛としたものだと思いこんでました。
茶道やってた影響が強いのかもしれません。
会場の作品を見てると、私の華道のイメージは池坊の作品が一番近いです。

衝撃の作品

花器にドサッと華やかな花が活けてありどの角度から見ても美しい作品は、フラワーアレンジメントと何が違うのか混乱。
また花が平らに敷き詰められ、その上にスイカ…
華道ってしたことないからよくわからないけど「型」があるんですよね?
スイカの生け方にも「型」に沿ってるのかなぁ、しかし花器が全く見えないしどうやって活けたんだろうと不思議に思い、ただただ魅せられました。

有松絞り浴衣と友だちの作品

有松絞り浴衣に麻名古屋帯

友だちの作品の前で記念写真。
涼やかな白地の有松絞りに白の麻名古屋帯、浴衣でも半衿があると着物っぽく着こなせるんですよね。
どうでしょう、少しは上品に見えてるでしょうか?
でも、浴衣はやっぱり浴衣としてきたほうが好きかも。

会場はお花のためにキンキンに冷えてたから、肌の露出少ない和装は最適でした。
このイベント見に行くなら羽織もの必須ですよ。

有松絞り浴衣に麻名古屋帯

浴衣売り場で半幅帯探し

博多半幅帯

華道展のあと浴衣売り場に立ち寄ったんですが、浴衣着ていると店員さんはすごく持ち上げてくれました。
そして手頃な半幅帯を見ていたら博多帯のコーナーへ。
有松絞浴衣は高級な浴衣だけに、ぜひ良いモノを合わせて欲しいって気持ちが高くなるんでしょうね。

浴衣はお誂えですか?高かったでしょう?
など話しかけられ激安で買えた値段を伝えると、百貨店の商品と値札87,000円をわざわざ見せてくれました。
勧めてくれた博多半幅帯は3万を軽く越え、すっと買える金額ではなかったので、今日は華道展、浴衣売り場ともに愛でる鑑賞デーでした(*´∀`)

有松絞り浴衣コーディネート

有松絞浴衣に麻名古屋帯

有松絞り浴衣、フクロウ柄麻名古屋帯、孔雀色帯揚げ、紺の市松柄帯締め、桜(樹皮)下駄、アタバッグ。