水玉 綿麻浴衣

着物買うなら大阪本町、船場センタービル
ということで、センタービルにある船場室町で2年ぶりに浴衣を買います。

浴衣を何枚か買っていくうちに、素材によって着心地や涼しさがかなり違うと感じるようになりました。なので柄もさることながら、涼感も今では浴衣の選択肢として外すことができません。柄は古典的なものから花柄までベーシックなものはすでにあるから、年齢的な問題はあるものの違うテイストにも冒険したい。

そんな条件を持ちながら浴衣を探すと、選択肢はかなり減ったものの綿麻の水玉柄を見つけました。シンプルな濃紺地でカラフルな水玉の浴衣。コーディネートのバリエーションが楽しめそうです。店員さんが60歳過ぎた人も先日買ったと言ってたので、世代問わず楽しめそう。

半幅帯はもっと遊んでみたいな。

粋なモノから可愛らしいものまであったけど、いつもと違うものにどうも惹きつけられ、いつもなら絶対買わない。ポップな柄、表はアザミと蝶々、裏は浴衣と同じ水玉を買っちゃいました。

家に帰って早速袖を通すと、どうも着心地が悪い。麻が入っているからしかたがないんだけろうけど、生地は少しジャリジャリ、なんだかチクチク。

しかもポップながらの帯を締めると、なんだか凄く浮いた感じとなりました。やばい、年齢的にキツイ柄だった?たたんだままの写真で浴衣を見たら個性的で素敵なのになぁ。しっかりメイクしたらこのコーディネートでも耐えれるかな(´・ω・`)