ポリエステル地 絽の夏着物

7月に入り暑い毎日が続いてます。着物好きでも昨今の暑さは耐え難い辛さ。時代劇とか重ね着して涼しげな顔してるけど、ほんとに昔は今ほど暑く無かったんでしょうか?

上手な着付けだと胸紐や腰紐が汗腺を押さえ、汗をかきにくくすると言われてます。でもまだまだ下手なせいか普段よりは汗かかない気がするものの、やっぱり汗かくのが悩み。

そのうえ補正タオルを巻くなんて暑いんじゃない?といわれるけれど、汗を吸い取る役割もあるんですよね。べったり張り付く生地が防いでくれてます。

なつだもの、暑いのは仕方がない。通気性の良い爽竹長襦袢とか着て、少しでも快適になるよう工夫しましょ。

正絹着物はなかなか洗えず汗ジミが怖いのですが、この夏着物はじゃぶじゃぶ洗えるポリエステル製。着物ハマったばかりの頃、夏の装いがわからず、たんす屋の店員さん聞きながら一式見繕ったんです。すこし落ち着いたミントグリーンの絽(ろ)の着物。見た目だけでも涼しげに思えませんか?

十字がキラキラときらめいてるようで気に入りました。

十字柄の絽着物

絽(ろ)の着物は透け感があるため見た目が涼しく、着る時期は7月、8月の盛夏。でも年々暑くなってるからフォーマルな場でなければ6月末でもOKかもしれません。

水色 絽夏着物 後ろ姿

帯はどの世代の人でも受け入れてもらえそうな人気のフクロウ柄。縁起も良さそうなので決めました。

ふくろう柄 夏帯

ポリエステルの夏着物、実際は風がなかなか抜けなくて体にまとわりつきやすくやっぱり暑い。東レとか高級なポリエステル素材なら涼しくなるのでしょうか?

とにかくレインコートを着る感じとまで言わないけど、やっぱり正絹には着心地かなわいませんでした。普段着として着るなら、コスパ的にも涼しい阿波しじら木綿着物や絹紅梅・綿紅梅の浴衣とかがオススメ。