水玉お召着物 コーディネート

きもの友達と空堀に行ってきました。
空堀商店街といえば大阪のレトロな町屋が残るオシャレなスポット。

そして今回のお目当ては、古民家を利用した複合ショップ施設「練(れん)」にある最近できた小さなアンティーク着物屋さん「芽依」
カラフルなアンティーク着物を売っていて、気になるお店なんです。

きもの初心者なので、店長さんに一言。

とにかく派手なやつでいかにもアンティークなやつが欲しい、お見立てしていただけますか?

すると鮮やかな赤くカラフルな模様が入った着物を出してくれました。
友達はギョッとしたけれど、私としてはOK。
でもこれを着るのはやりすぎかなぁ…って感じ迷います。

いろいろ着物を手にしていくと最初のコンセプトがずれていき、やっぱり使いまわせそうなものに手が伸びていきます。

どうしよう…決まらない。

結局…赤地の水玉お召着物に決定!

2時間もお店で悩んで騒ぎ、すみません。

リサイクル着物は3000円からあったものの、初めてのアンティーク着物は15,000円、帯は11,000円とちょっと高くつきました。
でもすごくお気に入りとなったからいいんです。

この着物にレースの半衿、真っ白ふわふわ素材で帯揚げ作り姫系もいいな、紺の帯揚げ帯締めできりっと引き締めるのも素敵かも。
うきうきテンション上がるコーディネートを見立ててくれ、店長さんありがとうございました。