和装婚礼衣装打ち合わせ 白無垢、白と赤ふきどっち?

白無垢

婚礼衣装選びに京都まで行ってきました。
すでにブライダル会社とはプランの手続きしており、挙式は下鴨神社での神前式、白無垢だけを着る予定なのですが、とりあえず試着はしにいかないといけないようです。

衣装の申し込み手続き、衣装選び、ヘアメイク選びまで行う予定でしたが、申し込み手続きは思ったより早く終わり、時間がずれてしまったので、衣装選びより先にヘアメイクを決めることになりました。
でもね、先にヘアメイク決めるって案外選ぶの難しいんです。

綿帽子がかぶりたい、しかも文金高島田じゃなくて生花のヘッドドレス。
黒のタートル来てる状態で、造花でのヘッドドレス選びって全然イメージわかないです…
白無垢着る予定だったから、白にあわせて全部白の花?それともグリーンの花を入れても爽やかでいいんでしょうか?
私の好みで白メインのライムグリーンのヘッドドレスに決定!

白無垢でいいと単純に思ってましたが、白無垢にもグレードや色があると知りまたしても選択作業。
素材はポリエステルで無くもちろん正絹。
色は純白の白?それとも生成り?
柄も色々あるし選ぶの大変。
そして赤ふきというものがあるのを知り、真っ白だけじゃないオシャレ具合に惹かれました。

試着『白無垢:赤ふき or 白』
白無垢選び

赤ふきなら綿帽子も赤のラインがおすすめですよ。
赤のライン入るなら真っ白なヘッドドレスのほうが引き立つんでしょうか?
ライムグリーンのヘッドドレスに赤のラインってうるさくならないでしょうか?
赤に負けない濃いグリーン、たとえばアイビーとかのヘッドドレスのほうがいいんでしょうか?

結局ヘッドドレスはライムグリーン、白無垢は真っ白でなく赤ふき入り、綿帽子も赤のライン入ったもので決定しました。
ちなみに赤ふきはオシャレだけじゃなく、神社の鳥居に朱赤が使われるように、 赤は魔力に打ち勝ち、災いを防ぐ意味があると言われているそうですよ。

白無垢だけと言ってたんですが、お店の方には色打掛や黒引き袖など色々袖を通させていただきました。

試着『振り袖』


試着『色打掛』


試着『黒引き袖』


一緒について行ってくれ、色々意見くれた友達にほんと感謝です。
挙式までこれからまだまだ忙しいですが楽しみ。
関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿