振り袖 女袴着せつけ練習
先日女袴の着付け方を習ったので、今日は自宅で復習です。

準備するもの

  • 小振袖
  • 半幅帯
  • 長襦袢
  • 着付け用小物一式

小振袖は持ってないので、昔たんす屋で練習用に買った千円の振袖で代用です。
帯は今の年齢には厳しくなって眠ってた浴衣帯。
袴は流石に購入しないと練習できないので、楽天で一番安い無地の袴を購入しました。

着せつけを教わったとき、学生時代は袴を着たはずなのに「半幅帯使うの?」「そんなに裾まくりあげるの??」と驚いてしまいました。

袴の着付手順

1.肌着と肌襦袢をつける
2.着物(小振袖)を着付ける
3.半幅帯を締める
4.袴を穿く

肌着と肌襦袢をつける

裾よけは着物を着る時より少し短めの膝下ぐらいの高さにし、次に襦袢の裾を脛の中央ぐらいの位置で着せます。
襦袢は通常腰紐1本だけで着せますが、裾を上げる必要があるため着物と同じように2本つかって胸元まで引き上げ仮紐をし、伊達締めで抑えましょう。

着物(小振袖)を着付ける

次に着物を羽織ります。
裾を胸元まで折りあげて、伊達締めに織り込みましょう。
襟元を整え胸紐を締め、しわをとって綺麗にします。
※おはしょりは不要。袴は横から中が見えるので、できるだけすっきり着付けます。

半幅帯を締める

半幅帯を巻き、前板をつけて文庫結びします。
女性用袴着せ付け 半幅帯を締める

袴を穿く

帯を結び、袴を穿きます。
トルソーではは袴をまたげないので上から被せましたが、普通は袴の中心を広げ、跨いで穿いて下さい。
袴の前紐は帯が1~2cmくらい見えるぐらいの位置にします。
女性用袴着せ付け 前紐位置
抱きつきようにしながら前紐を後ろにまわし、文庫結びの上で交差させ、結び目を押さえるようにして引き締めてから前に紐をまわします。
女性用袴着せ付け 前紐を帯の結び目で交差
前に回した前紐は左脇で左紐を上にして交差させ後ろに回します。
女性用袴着せ付け 前紐を左脇で交差
回した前紐を、帯結びの下でぐっと結びます。
女性用袴着せ付け 前紐を帯の結び目の下で結ぶ
次に後紐の上部を背中に当てて、帯結びの上にのせるようにして紐を前に回します。
紐がぴったり全て背中にくっつくのではなく、帯の結び目があるから横から見ると斜めになる感じ。
女性用袴着せ付け 後ろ姿
前に回してきた後紐を左脇でリボン結びします。
縦結びにならないよう注意しましょう。
長い方のリボンの先を下からくぐらせ、結び目を隠せば完成です。
女性用袴着せ付け 前姿
脇も丸見えになるから綺麗に着付けしましょう。
女性用袴着せ付け 横向き
そういえば若い女性がフォーマルな時に着る機会が多いので、衣紋はあまりぬかないようにすることがポイントです。


レトロで可愛い女袴。全部揃った8点セットで届いたらすぐ着れる、ポリエステル製だから雨でも安心です。