ウール着物 × 裏起毛トレンカ

昨日は冷え込んだので、着物の内側からがっちり寒さ対策しました。寒がりではないですが、それでもやっぱり寒いのは嫌なんです。寒さ対策は足元からっていいますよね?

裏起毛トレンカと別珍足袋のあわせ技

寒い日に素足に綿足袋だけなんて、フォーマルなシーンでなければ避けたいもの。私はいつも温かい裏ボアの黒トレンカに、こげ茶の別珍足袋を裝備してます。このトレンカって足袋を履くにはホント便利なんですよ。

トレンカとは?

トレンカとは、タイツのつま先部分とかかと部分を切りとり、土踏まずに引っ掛けて履くもの。

つま先部分が無く足袋も履ける。もしかして着物生活の為に登場したのでは?と思うほど重宝してます。

トレンカと別珍足袋

上半身寒さ対策

ウール着物×かぎ針編みショール

下半身は裏起毛トレンカと別珍足袋でポカポカ、もちろん上半身も寒さ対策します(`・ω・´)ゞ

寒さ対策に使ってるのは、長袖ヒートテック!!その上から肌襦袢を着ます。
ヒートテックは襟足から見えないようグイッと下に引っ張り、袖は肘までまくりごまかしてますが、脱いだら全身真っ黒でもじもじ君。

腰はくびれた部分だけ補正タオルを巻き、温かホールドで寸胴仕上げ。長時間外歩くなら羽織やコートも着るものの、ご近所へのお出かけはかぎ針編みの白ショールでスィートな雰囲気の防寒にしました。

まとめ

寒いから着物は無理!とたまに聞きますが、中にいくらでも着込めるこの衣服最高!と私は思ってます。こんな方法がオススメ!という寒さ対策ありましたら、是非コメントくださいね。