厚紙の折り目をカッターで入れる

1回目は職業用ミシンの使い方、2回目は革漉き機の使い方を習い、次から作品づくりです!と言われ、授業開始とともに材料を買ったけど、まず渡されたのは厚紙と定規、カッターでした。

最初に出された課題は、
厚紙を真っすぐにカッターで切る

簡単じゃーん♪

定規がぶれないようにする抑え方を習い、20cm四方の厚紙をひたすら短冊切りです。

次は、
折り目を作るために、厚紙を半分の厚みだけ切れ目を入れる

下まで切ったらダメ!と言われ黙々とカットしてたけど、気が緩むと力が入りすぎ、ジャバラに仕上がるはず何箇所か裂けてしまいました。

本題
10㎝正方形を切り出す

厚紙を正確に正方形を切り出す

以前習ってたレザークラフト教室でもこの練習してたことあったんですが、やっぱりやるんですね。半分に折って目打ちで位置決めて…ときっちりやってるつもりなんですが、それでも微妙に狂ってしまうんです。正確なモノつくるにはひたすら練習あるのみ。

正方形といった単純な形でさえ、正確に切り出せないと、1mmの違いが作品に大きく影響してしまう(´;ω;`)

昔作ってたから3個でOK。早い方だったけど半分に折ったラインが少し裂けたということで、次回のレッスンでも持ち越しとなりました。

3回目のレッスンは厚紙カットでおしまい。

「レザークラフトレッスン」記事一覧