出勤前けたたましく電話が鳴り、お母さんが出ました。
声がこわばったまま話してるみたい。
10分後、電話を切り私を呼び、言いました。

「夜中の3時、和夫おじさんが亡くなられたのよ。」

こないだ癌手術したお父さんかと思ってヒヤヒヤしたよ。

和夫おじさんとはお父さんの兄で、東京に住んでました。
最近入院したんだけど発見が遅かった為、あちこち癌が転移し死亡。

この訃報を、病院にいるお父さんに伝えに行って欲しいと頼まれる・・・

なんだかつらいな。

こんな状況でなんだけど、お父さんの見舞いでマジ仕事がヤバいと思い、冷や汗も出てきました。
そんなこと言ってられないね、仕事前に病院へ寄らなければ。

そしてお母さんはポツリと一言。
「私もお父さんもこの体調じゃ葬式に東京まで行けないわね~」

多分お兄ちゃんが我が家の代表として、1度しか会った事のない叔父の葬式に行く事になるんだろう。
夏の終りから続く我が家の病気ラッシュ、そろそろ明るい話も欲しいです。

「ガンの父を家族でサポート」記事一覧