4月半ばでIT関連の会社を退職し、着物の世界に進もうと模索始めてから1ヶ月。
最初の1週間は放置してた役所関係の手続きに終わりゴールデンウィークに突入しました。

実質就職活動として動き出したのはそれから。
着付の先生には、どうしても着物で生計を立てたいと相談しました。
とりあえずその軍資金作るためにも、腕がつくまで他で働いたら?とアドバイスを頂いたんですが、もうIT系で興味持てない商材と格闘するのは嫌やし、この年で制作会社行くのも辛いです。
デザイン系はやっぱ若くて伸びる子とりたいし、労働条件も厳しい…

先日の誕生日で年女の36歳となりました。
もう年齢的にも転職が厳しいし、最後の転職なら早くした方がいいと思って次の進路見つからぬまま退職したけれど、やっぱり着物で独立したい。

先生は私のWEBスキルをかってくれてHPのリニューアル仕事を依頼してくれましたが、今までまわりからタダで作ってもらってたような状態なので高い金額は請求できません。

どんなことでも着付けの見習いとしてついて行きます!と言ったものの役立たずなので、なかなかついて行く着付け現場もないです。

職安では職業訓練で「ECサイト構築運営講座」を見つけたものの、職安の人はWEBの仕事してきたのに習う必要があるんですか?と言われました。

制作スキルと販売ノウハウは別物…
でも結局それ習っても、実店舗で言う売り子さんになれるだけで販売ノウハウは経験でしかないと気づきました。

着付けの先生は、あまり小売店に勤めるのをよしと思ってくれません。
でも将来な着付け教室を開きたいし、ネットショップも併設で運営したい。
着物は洋服のようにどこでも転がってるわけでもないから実際触れてみないとやっぱり駄目だし、知識もなかなか習得できません。

先生のアドバイスはとてもありがたいけれど、日々のお金もあるし情報は早く得て失敗してもいいから前にすすみたい。
やっぱ着物はスキルつくまでおいといて、ネットショップで成功してるところに入りノウハウを学ぶべき??
趣味でなく着付教室で食べていけるよう模索し続けます。