グラナダに咲く花

4日目、ひやっとした朝となりましたが昨日うってかわって晴れ。
バスで少し走りすぐ降ろされると、そこは木々が多く木漏れ日が差し込み緑あふれた場所でした。
連日圧倒されるゴシック建築と、長時間のバス、天候の悪いラ・マンチャ地方で疲れがで始めてたんですけど、緑あふれる所を歩くとリフレッシュされますね。

アルハンブラ宮殿はそんな緑に囲まれた中に建ってました。
ここは予約しないと入れなくて、年々取りづらくなってきているそうです。
入場時間の制限も厳しいしことを思うと、お任せで連れてってくれるツアーってほんとありがたい。

アラヤネスのパティオ(天人花の中庭)

イスラム文化の色濃く残るアルハンブラ宮殿は、水に対しての思いががすごく込められていました。
噴水もあちこちあって心地いい。
14世紀に建てられた建物は、柱の装飾がホント見事です。

アルハンブラ宮殿

いつの間にやらヘネラリーフェ庭園に入ってて、ここはさらに水と緑が溢れてました。
アラビア語で「天の楽園」と言う意味らしいです。

ヘネラリーフェ庭園

ここでは野菜が植えられ、オレンジも沢山実ってます。
桜も咲いてました。

ヘネラリーフェ庭園 オレンジ

アップダウンもあったので、ちょっと母は疲れたかも。

ヘネラリーフェ庭園

このあと近くのグラナダ伝統工芸「寄木細工」の店に寄りました。
職人さんが実演してくれてます。

グラナダ 寄木細工職人技

作業に見とれ、作品の素晴らしさから思わず購入。
壁掛けデザインが多い中、実用性のあるトレイを45ユーロで手に入れました。
これでお客さんにコーヒーを出し、アーモンドのお菓子と共に旅話を聞いてもらおっと。

グラナダ 寄木細工トレイ

バスで161km走り、昼は地中海に面したミハスへ。