100金ダイソータンブラー台紙作成

夏にダイソーに行ったら、沢山ウォーターボトルが販売されてました。そのなかでタンブラーを発見、思わず衝動買いです。

ダイソータンブラーの魅力は、なんといっても中の台紙を入れ替えて好きにカスタマイズできること。スターバックスのオリジナルタンブラーを昔から憧れてたんです。

100均ダイソータンブラーについて

ダイソータンブラーのパーツ

ダイソータンブラーは二重構造になっていて、黒い容器の中に扇形の台紙を入れ透明のカバーをかぶせる形になってます。口が広いから洗いやすいし、350mlとちょうどいいサイズだけど、残念なのは耐熱温度が60度であること。熱々の飲み物を直接入れると容器溶けちゃうかも。冷ましてから入れないとね。
価格:150円
容量:350ml
耐熱温度:60度

ダイソータンブラー台紙制作

自由に着せ替えカスタマイズできるダイソータンブラーは、写真やイラストなど好きな用紙に差し替え可能です。また1枚物の画像にこだわらず、マスキングテープや布、押し花とか入れても面白いかもしれませんが、私はてっとりばやくオシャレなタンブラーに仕上げたくてgoogle先生頼みです。

画像探し

おしゃれな画像を探すためgoogle検索。キーワードは「壁紙、PC、おしゃれ」です。パソコン用の壁紙ならいろいろ凝ったデザインも沢山昔からあるし、印刷するのには大きな画像のほうが適しているから。個人で画像ダウンロードし楽しむ分には特に問題ないはずだから好きに選びましょ。

私は以下のサイトから、画像選ばせていただきました。

印刷して型紙アウトライン

ダイソータンブラーの型紙アウトライン

画像を選んだら、家のプリンタでA4印刷します。そしてダイソータンブラー付属の黒い台紙を上にのせ、ペンでアウトラインをひきます。

台紙カッティング

ダイソータンブラーの台紙切り取り

アウトラインに沿ってハサミやカッターなどチョキチョキ切り抜きます。

タンブラーに台紙を巻きつける

ダイソータンブラー台紙巻きつける

カットした台紙をタンブラーに巻きつけます。1cmほど重なり部分ができるので、好きな画像もそこは注意したほうがいいかも。

タンブラー組み立て

ダイソータンブラー台紙挿入

用紙を巻きつけた後、透明のカバーをかぶせ、下のパーツをとりつけます。

着せ替えタンブラー完成

ダイソータンブラー着せ替え完成

あっという間に完成。パーツはしっかり締めるのが重要です。1枚目は用紙に水がつたわり、ブヨブヨになってしまいました。

暑いのは苦手なダイソータンブラーですが、私はいつもレモン水を作り氷沢山入れた状態でジムで愛用してます(*´∀`)

キレイに印刷したいなら

ダイソータンブラー台紙、普通紙と光沢シール用紙の比較

最初は普通紙で印刷して作成したものの、なんだか白ボケた状態です。なので光沢シール用紙を使って印刷してみたところ、全然発色が異なることに気づきました。ラベル用にフリーカットの用紙を購入しててよかった。この用紙もダイソー3枚100円で売ってるので、より美しいパッケージ作りたい人にオススメ。

ダイソータンブラー台紙データ(PSD,GIF)ダウンロード

ダイソータンブラー台紙をトレースしたデータもPhotoshopで作成しています。データが欲しい人はコチラからどうぞ。
ダイソータンブラー台紙データ(gif,psd)zipファイル、ダウンロード