551豚まんと赤福

関西100kmウォーク(5月25-26日開催)のイベント前日、検査入院してる母の見舞いに奈良桜井の病院へ行ってきました。新幹線に乗ってると母から電話が。

母1

551豚まんと赤福買ってきて! 御座候(今川焼き)でもいいわ。

病院食が喉を通らず、自分の好物を買ってきて欲しいとのこと。「京都駅で売ってるはずだから」と言ってたけど、東京育ちで奈良45年住んでる母が頼んだ土産は、大阪の551豚まんと伊勢の赤福、姫路の御座候でした。

著者 悲しい

東京土産でもなく、京都の食べ物でもないんかーい!

遠くの食べ物より、ちょっとしたお出かけの時にいつも買ってた食べ物のほうが、弱った体には嬉しいようです。赤福はその日のうちに4個食べ、豚まんは翌朝温め直して半分食べてくれました。

母が患う不治の病「間質性肺炎」

母は60代の時から間質性肺炎を患っています。この病気は原因不明の難病で、美空ひばりさんもその病気で亡くなりました。ですが診断を受けてからもいたって健康、どこが悪いの?という感じで元気に芸術大学も通い、喜寿(77歳)を迎えてもキャンパスライフを楽しんでたんです。

ところが昨春、親族の葬儀で新幹線に乗って我が家に来た時に、数メートル歩いただけで息切れをして、咳が止まらなくなってました。年末から長いこと咳き込んでるようで辛そう。「宿泊中のホテルでは初めて息が止まった死ぬかと思った」と話し、帰宅後に検査を受け、高額な投薬治療が始まりました。

1回1万円近くする新薬“オフェブ”(難病医療費助成制度のおかげで月5千円程度負担)は1年近く続けてましたが、副作用からかずっと下痢が止まりません。あーまだ下痢繰り返してるんだと電話では聞いてたものの、一向に下痢がとまらないため別の薬に切り替えたいと病院へ。今春それで検査入院となりました。

母1

入院中に短髪でかっこよくグレイヘアにする!


そう宣言して毛染めをやめ、真っ白な頭になった母。兄から珍しく「ヤバイぞ」と母の写真付きのLINEがきました。さらに退院前に腰の痛みを訴え、圧迫骨折してるのが判明。起き上がれず日常生活が困難なので入院続行です。

別の薬“ピレスパ”で下痢は止まったものの、今度は常にムカつきや吐き気が襲ってきました。何も食べたくないと言い、かつては60kgまであった母は37kgまでやせ衰えてしまいました。

今年度いっぱい大学に通えることになっている母。退院して最後の1年なんとかまた大学で陶芸を再開して欲しいです。


母は入院中ボケないよう読書に励んでますがあまり面白い本が手元にないみたい。陶芸家だけにクリエイティブで頭働かせられるグッズをプレゼント探しました。