フォトブック

デジカメで撮った写真ってどうしてますか?
現像せずパソコンに入れっぱなしにしたままですか?

私は現像しなくてもパソコンやスマホで見れるからそれでいいと思ってたんですが、結婚直後は写真を見せてと言われる機会が増えました。
結婚式、新婚旅行、どうだった?と親戚、実家のご近所さん、職場の人…
そういってもらえてありがたい話です。

今回ばかりはネットをなかなか見れない年配の人もいるし、写真を現像したほうが良さそうです。
挙式のアルバムは重いし仰々しい箱に入っていて持ち運ぶの大変ですしね。

挙式アルバム

ただ現像してポケットアルバムに入れ、見てもらった後は次いつ写真をみることになるだろう、片付けた場所すら忘れてしまいそうな予感。
すると「フォトブック」と言う手があるよと勧められました。

フォトブック?何それ?

フォトブックというのは、写真を使ってオリジナルで作る1冊からの写真集です。
自分の思い出アルバムであったり、雑誌の切り抜きをスクラップしてるものであったり多種多様。
完全手作業で現像した写真を紙に貼り付けて自作するものも含まれますが、最近のフォトブックといえばデジタル画像を業者に出し自分の写真を製本してくれるサービスを指すみたい。

1冊から自分の本として注文できるのがいいですよね。

コメント沢山入れて自分だけの面白い写真集作ろう。

そうすれば結婚式とか他人にとっては退屈な写真も少しは楽しんで見てくれるはず。
それに製本したらポケットアルバムに突っ込むのとは違って本棚に飾ってもいいかも。
気合入れて本屋行ったら、フォトブックの作り方の本が売られてました。

フォトブックサービスを提供いしている企業は沢山あり、製本方法も各社個性がありバラバラ、どれがいいのかわからなくない。
なので各社1,000円以下のお試しプラン価格を試し、比較してみます。詳しくはまた。