リモコン付きミニ三脚とでスマホ撮影

スマホ撮影で自撮り棒が人気ですが、あえてミニ三脚購入してみました。なんでわざわざミニ三脚?どういうとき使えるの?ということでご紹介したいと思います。

ミニ三脚 購入理由

ミニ三脚買おうと思ったきっかけは全身自撮りをしたかったから。屋外で自然な感じ着物や服のコーディネート写真を撮りたい。

家には一眼レフ用の三脚はあるので全身自撮りは一応できます。ただ自撮り棒ですら恥ずかしいのに、三脚設営して屋外で自撮りなんて無理。だから家の中で撮影してました。

家の中の撮影は白壁背景で、なんだかショップ用画像のようでウケが悪い。外の撮影は余計なものも映り込むから失敗も多いけど、家の中で気分変えようと大掛かりに背景用紙セットしたり、合成写真つくるのも大変。そして頑張って仕上げた写真なのに下手で違和感生じるんです。

自撮り棒でも全身写真撮れる?と考えたものの、やっぱあれは顔に焦点当てるのに最適なもので全身撮るのは厳しかった。。

ということで、全身自撮りをしたくて購入したミニ三脚はこちら↓

Bluetoothのリモコンも付いてるので、離れたとこからシャッターを押すことができ、後ろ向きの撮影もok。スマホや携帯、一眼カメラ、デジカメなど重量2kgまでなら固定来ます。

ミニ三脚 付属品

スマホ、デジカメ、ミラーレス一眼カメラ用撮影 リモコン付きミニ三脚

ミニ三脚の箱を開けると、三脚、スマホ用クリップ、Bluetoothリモコン、取り扱い説明書(日本語)が入ってます。思ったより大きく、脚の長さは約30cm。重さ300gで350mlの缶ビールよりは軽いです。

ミニ三脚 大きめサイズ

スマホの装着には三脚専用のクリップがついていて、スマホをそこにはさめばOK。バネでクリップが伸び縮みします。

ミニ三脚 スマホを挟む

クリップは三脚固定ではなく取り外せます。雲台のネジにはめて設置するので、これがあれば他の大型三脚などでもスマホ用に変身

ミニ三脚 スマホクリップ取り外し

どこでも設置可能

手すり編(デジタルカメラ)

手すりにミニ三脚でデジカメ固定撮影

くねくねと曲がる三脚は、簡単に手すりに取り付けOK。雲台が360度回転するので、どの向きにも対応できます。約300gのデジカメの重さは大丈夫かなぁと思ったけどぐらつきません。

木の枝編(iPhone6)

枝にミニ三脚巻き付け固定 リモコン撮影

見下ろすような撮影もしたいと思い、高い木の枝に巻きつけてみました。斜めに伸びる枝に下向きのiPhone、問題なく固定完了。滑り止めラバーのおかげでしっかりグリップしてます。Bluetoothリモコンでパシャ!

結構狭い場所で普通の三脚だったらおけなかったと思うけど、場所をとらないくねくね三脚はいい仕事しちゃいます(о´∀`о)

自転車編(iPhone6)

自転車にミニ三脚で固定しスマホ撮影 

自転車のハンドルにも、ミニ三脚なら可能。スマホで地図アプリ起動させばナビ置き場としても使えるし、乗りながら動画撮ったりも楽しめそう。

寝室編(スマートフォン全般)

写真撮影だけでなく、寝転びながら動画見るのにも最適。手も疲れないし楽チンかもしれない♪

番外編:iPad miniスタンド

ミニ三脚でiPadスタンド代わり

最後にiPadでの活用。三脚としては挟めなかったから無理だけど、スタンドしてなら使えます。

まとめ

全身自撮りしてないじゃないかー!と思われる方ごめんなさい。ミニ三脚を設置して撮影してる私の姿を他のカメラで撮るは無理でした。

とにかくしっかりしたグリップでどこにでも巻き付けることができ、数メートル離れた場所からでもボタン押せるので、全身自撮り可能です。撮影方法をいろいろ試し、今後は屋外撮影の写真をUPしていく予定。

少しゴム臭きついのが難点ですが、しっかりとした作りで持ち運び便利なコンパクトサイズ、安いしオススメ\(^o^)/