セビリア スペイン広場

スペイン旅行5日目、旅も折り返し地点となり、ツアーメンバー同士顔も覚えて話も弾むようになりました。また早起きしてバス移動の1日が始まります。

セビリア スペイン広場

セビリア スペイン広場

朝イチで向かったのはセリビアのスペイン広場。ここは1929年、万国博覧会「イベロ・アメリカ博覧会」の会場として作られた場所です。広い敷地で綺麗な建物がありましたが、何に使われてるでしょう…

タイル画のお洒落なベンチもありました。スペインの歴史的出来事を描写してるんだって。スペイン観光してるとタイル画多いなぁと実感です^ ^

セビリア スペイン広場タイル画

スペイン路面電車

スペイン路面電車

スペイン広場を出ると、眼の前に近代的な路面電車が走ってました。大阪のチン電と違ってなんだかスタイリッシュ。伝統的な建物の合間をぬい流線型の乗り物が通り過ぎていく、そのコントラストに惹かれました。

スペイン最大カテドラル(大聖堂)

スペイン最大カテドラル(大聖堂)

スペイン広場のあとカテドラル(大聖堂)にやって来ました。
スペイン最大、世界3位の大聖堂は天井がすごく高く、どこまでも繊細な作りに目を奪われます。

セビリア カテドラル天井

木製祭壇

ビリア大聖堂 黄金色 木製祭壇

壁一面、黄金色に輝く木製祭壇があり、そこにはキリストやマリアの生涯が細やかに彫られてました。どこみ目を向けてもきらびやかですごすぎる。

ヒラルダの塔の鐘楼

ヒラルダの塔の鐘楼階段

鐘楼に登れるということで元気なツアーメンバーと挑みました。足腰の弱い母とは一旦別行動です。

螺旋状の階段には番号がついていて、10番を超え出した時点からだんだん最上階の番号が気になってきました。12番までかな?20番までかな?…そんなことを考えながら登り、足に少し疲れが出始めた頃、33番でようやくテッペン到着。緩い階段だったものの、あまり普段歩かない人が挑戦するときついかも。

塔屋には大小25個の鐘楼の鐘がずらり。今は電動ですが、昔はこの階段を登って手動で礼拝時刻を告げていました。

ヒラルダの塔の鐘楼

360度見渡せる塔屋からは、セビリア市街が一望できます。

ヒラルダの塔からの眺め セビリア市街一望

「スペイン旅行」記事一覧