シルスマリア 生チョコ

2月14日バレンタインデーが近づいてますが、もうチョコは準備しました?

本命チョコ義理チョコ友チョコに自分用チョコと最近は色々購入の目的が広がってきて、面倒に思う人も多いかと思います。でも普段あまり食べることの無い高級チョコが一斉に売り場に並び、百貨店等では試食もさせてくれる魅惑のシーズン(*´▽`*)

今回色々チョコを試食してみて、酒好きな人にぴったりなチョコレートをみつけました。シルスマリアのお酒入り生チョコレートです。

生チョコ発祥の店「シルスマリア」

お酒入り生チョコレートの前に、まずはシルスマリアをご紹介。私はこの酒入り生チョコを買うまでシルスマリアについて全く知らなかったんですが、このチョコレート屋さんが「生チョコ」という言葉を生み出したんですね。

口の中でとろけるような柔らかさの生チョコは、1988年シルスマリアの厨房で生まれました。それまでのチョコレートは、パキッと割れる硬いもの。それを生クリームを加え全く新しいタイプのチョコレートを作り上げたんです。

生クリームの「生」とチョコで生チョコ♪

明治の生チョコ「Meltykiss(メルティーキッス)」はこの店のパティシエさんがプロデュースしたもの。このチョコがブームとなり全国に「生チョコ」が広まりました。

それでは、おすすめ酒入り生チョコいきまーす。

富乃宝山 生チョコレート

富乃宝山 生チョコ

シルスマリアの数ある酒入り生チョコレートの中で、一押しなのが富乃宝山生チョコレート。日本酒大好き!焼酎苦手!な私ですが、真っ先に選んだ逸品です。

口に入れた瞬間に「いも!」

鹿児島の芋焼酎『富乃宝山』とコラボしたこのチョコは、甘さ控えめで抜けるようなフルーティの爽やかな香り。滑らかで濃厚なチョコは焼酎そのもの。苦手なはずの焼酎が生チョコと合わさることで今までにない味わいで惚れました。

※アルコール 2.5%

醸し人九平次 生チョコレート

醸し人九平次 生チョコ

次に選んだのが、女性にも人気でフルーティな味わいの日本酒『醸し人九平次 純米大吟醸 別誂』の生チョコレート。大好きでよく飲む日本酒ですが、ホワイトチョコで購入をかなり悩みました。チョコも酒も好きだけど甘いのは少し苦手だから。。

ホワイトチョコだけにやっぱり甘い。それでもあとから日本酒の風味が追いかけてきて、上品で優しい甘さにほんのり酸味がさっぱりとしてて美味しいんです。

お酒が苦手な人でも美味しく食べやすいチョコ♪

※アルコール 1.4%

最後に

甘いものが苦手な人でもお酒好きにはぴったりな「シルスマリア」の酒入り生チョコレート。今回は芋焼酎『富乃宝山』と日本酒『醸し人九平次 純米大吟醸 別誂』を紹介しましたが、他にも『大吟醸 国士無双』や『竹鶴ピュアモルト』、『一刻者 赤』があるのでぜひ。

※このチョコレートはたっぷりお酒が入ってるので、運転や妊娠してる方は要注意!