岡本太郎記念館 外観

南青山の骨董通りから1本離れたところにある「岡本太郎記念館」
岡本太郎のアトリエ兼住宅だったこの記念館は、1階にサロンとアトリエ、2階展示室、庭の4つの構成になってます。

入口から右側にすすむと、等身大の岡本太郎の人形と遭遇。
こっちを向いてるのでかなりびっくりさせられます。
ちなみにこの人形は季節ごとに服を着せ替えてるらしいですよ。

岡本太郎記念館 客間

燦々と光が入るカラフルな部屋には面白い作品が並び、岡本太郎と奥さんの顔写真パネルが展示されてました。

岡本太郎記念館 アトリエ

さらに奥に進むとアトリエがあります。
沢山の未完成キャンバスがあり、机の上には実際使ってた画材道具が並べられてました。

岡本太郎記念館 アトリエ

アトリエにはピアノもあったんですが、岡本太郎はピアノも弾けたんですね。

岡本太郎記念館 ピアノ

2階は現在「岡本太郎の沖縄」が展示されてました。
太郎が感動して撮りまくった写真、沖縄の人達の生活や祭りなどとらえてましたが、「これこそ、オレたち自身なんだぞ、日本そのものなんだぞ」と言ってたそうです。

岡本太郎記念館 岡本太郎の沖縄

1階に戻ると、ミュージアムショップではTシャツやポストカード、書籍などが売られています。
ミニサイズの「太陽の塔」はお手頃価格の1260円でかなり魅力的。

岡本太郎記念館 ミュージアムショップ

ガチャガチャもありますよ。
「コップのフチの太陽の塔」が400円。

岡本太郎記念館 ガチャガチャ

庭にも幾つか作品が展示されてるんですが、庭だけ鑑賞するのにも入場券は必要です。

岡本太郎記念館

2階から無銭鑑賞する人を監視してるかのように、太陽の塔が見下ろしてました。

岡本太郎記念館 太陽の塔

庭の草むらに隠れて立ってる「乙女像」

岡本太郎記念館 乙女像

インパクト大の「若い太陽」
庭には小さなものから大きなものまで作品があるので、よーく探してみて下さい。

岡本太郎記念館 若い太陽

一休みには岡本太郎記念館に併設してるカフェ「a Piece of Cake」のパンケーキ店もあります。
岡本太郎記念館の庭を眺めながらゆっくり寛ぐ、インスピレーションが刺激され素敵な時間が過ごせそうですね^ ^

岡本太郎記念館 併設カフェ「a Piece of Cake」

岡本太郎記念館

住所:東京都港区南青山6-1-19
TEL:03-3406-0801
入館料:一般620円、小学生310円
開館時間:10:00~18:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、展示替期間
アクセス:銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」徒歩8分
公式サイト:http://www.taro-okamoto.or.jp/