幸せを呼ぶ樹ガジュマル

昨夏に花屋で一目惚れをした観葉植物ガジュマル。
太い幹が根元で絡み合ってるのが特徴で、肉厚で光沢のある葉に力強さを感じました。
しかも幸せを呼ぶ樹って言われてるんですよ。

丈夫って言われる観葉植物でも枯らしちゃうから、今まで人工観葉植物とかで我慢してたんだけど、「このガジュマルの鉢植えはハイドロカルチャー栽培で水やりが1週間に1度程度で良いし難しくないですよ」と勧められ、迷った挙句買ったんです。

ダイニングテーブルに飾られたガジュマルは、たいして世話もすることないのにいつも元気いっぱい。

夏場は週1の水やりだけですくすく育ち、新芽が出てくるので何度か剪定しました。
冬になり寒くなった今、マンションが温かいからか住人は弱ってても相変わらず元気いっぱいなガジュマル。

20150204_2.jpg

小さな芽がいくつも顔を出し、命の強さを見せつけられます。
なんか可愛い。

20150204_3.jpg

根もとは白いカビのようなものが生じてちょっと気になるんだけど、ほっといても大丈夫?

20150204_4.jpg

このガジュマルに比べてちょっと弱いアスプレニウム。
3coinsで買い窓際のスタッキングシェルフに飾ってたんですが、水やりをしょっちゅう忘れるせいか先端が茶色く枯れてきました。ごめんなさい。

20150204_5.jpg

中をのぞくとまだ成長しそうな葉はあるけど、元気になってくれるでしょうか?
仕事に追われ関心が薄れていた我が家の観葉植物だけど、やっぱそこにあるだけでなんだか幸せを思い出させてくれる気がします。
まだまだ枯れずに丈夫にいてください。
そしてあんまり大きくなると鉢替えが必要になってくるので、可愛らしいサイズのままで。


こんな私が育てても丈夫に生きてるガジュマル、ずぼらさんにおすすめ。
幸せを呼ぶ樹として、小さいものから売ってるのでプレゼントに最適です。