フリーサイズブックカバー

本を読む時ブックカバーをしてますか?電車で「ダイエット」や「収入10倍アップ法」など、あまり読んでる本を周りに知られたくない時ありますよね。そんな時目隠しにもなるブックカバー。もちろん大切な本を保護したいとか、オシャレだからとブックカバーのメリットは人それぞれ。ただ本って一言でいっても文庫に漫画、新書に分厚い本までサイズは様々あり、お気に入りのブックカバー1つで対応できなかったんです。そんな悩みをサクッと解決してくれるブックカバーを発見しました。

Beahouse フリーサイズブックカバー

Beahouse フリーサイズブックカバー

Beahouseフリーサイズブックカバーはいろんなサイズの本に使え、布製でストライプや葉っぱ柄などデザインも豊富です。

サイズの異なる3冊の本でブックカバー装着チェック

厚み、サイズの異なる本3冊でフリーサイズブックカバーを装着してみました。

単行本にカバー

単行本にカバーをつける1

まずブックカバーで本の背表紙を挟み込みます。上の部分をぴったり付け、余った下の布を上に折り返します。そしてブックカバーの端についてる白いマジックテープで止めます。

筒状の長いカバーになりました。

単行本にカバーをつける2

筒をくるりと一周し、反対側の表紙を筒状の中に通します。

単行本にカバーをつける3

できあがり。

フリーサイズブックカバー装着完成

文庫本にカバー

単文庫本にカバーをつける

どんなサイズでもいけると思ってましたが、少し厄介なのが薄い文庫本。カバーは出来たものの、布が余って分厚くなりました。

単文庫本にカバーをつけたら分厚くなった

雑誌にカバー

雑誌にブックカバーする

雑誌の場合、本が大きすぎて下の部分の生地が足りず折り返せません。ブックカバーの使用は難しいですね。

【動画】フリーサイズブックカバー利用法

詳しくは製造会社側の動画をご確認ください。

ブックカバーの使い心地について

大抵の本はちゃんとカバーできますが、ジャストサイズに作られたものでないので、自分でカバーすると少し緩んだりします。また布製なので少しゴワついた手触りもします。でも目的は果たしてくれるし、それほど気になるほど不快感だと個人的には思いません。それより本がスタイリッシュになってくれて、持ってること自体気分が上がります。

今まで異なる本のサイズでブックカバーの使用をためらっていたけれど、これで解決。購入して正解でした(^^)