カリモク テレビボード QT70モデル

東京へ引っ越す際、テレビボードを買い換えることにしました。今まで90cm幅のコンパクトなテレビボードを使ってたけど、6人掛けのカリモクLDセットが大きくて、アンバランスだったんです。

カリモク新春セールでテレビボード選び

テレビボードはLDセットと同じメーカーのカリモク家具であわせたい。東京のカリモク販売店を探したら、お台場にショールームあることがわかりました。行ってみるとちょうど新春セールです。

色んなメーカーを取り扱う島忠ホームでLDセットを探したときとは違い、カリモク家具ショールームだけあって大好きなカリモク製品がいっぱい。そしてウォールナットのQT70モデルのテレビボードに一目惚れしました。

テレビボードQT70(ウォールナット)モデルの魅力

カリモク QT70モデル 立体加工のギザギザデザイン

天然無垢材で前面は立体加工のギザギザデザイン、これによって陰影がでて、またランダムな木の色合いがたまりません。そして立体加工により気づきにくいですが、扉の中央は隙間が開いていて、家電の熱がこもらないよう配慮もされてるんです。

テレビボードQT70購入、価格と納期

カリモ テレビボード QT70 明細書

テレビボードの横幅は1210mm、1539mm、1794mm、2038mm、2378mmの5種類。LDセットの横幅を合わせ2038mmを選び、284,000円(税抜)を購入です。

受注生産なので、納期は45日後となりました。

マンションにテレビボードQT70搬入・組立設置

カリモク テレビボード QT70 搬入

ついにテレビボードが我が家へやってきました。2mを超えるテレビボードで、曲がりくねった廊下もあり、搬入が大変です。

リビングで組み立て作業が行われ、テレビやDVDプレーヤーなどスッキリつないでくれました。配線が目立たぬよう設計されてるもの素敵♪

カリモク テレビボード QT70 組み立て

リビングに設置完了( *´艸`)

カリモク テレビボード LDセット リビング

テレビボードQT70の使い心地

カリモク テレビボード設置

以前のコンパクトなテレビボードとは違い、2m超えのテレビボードにはゆとりができました。空いたスペースに郵便物用ラックや小型スピーカー、プリンタを置き、テレビの後ろにはハンディー掃除機まで置けて使い勝手バッチリ。

収納部分は広く、プリンタを置いてる下の扉は引き出しと縦型のスペースがあります。A4書類が縦に余裕で入るため、印刷用紙をケースに入れ縦て収納、用紙追加する時さっと取り出せて助かってます。

カリモク テレビボード 引き出し

他の扉の内側は可動式の棚となっているのですが、高さを調整したり棚を外せば大きな雑誌も入るので、使い方次第。私は真ん中にDVDデッキプレーヤーと薬関係を入れてます。

カリモク テレビボード 棚

ルンバも問題なくお掃除できる

カリモク テレビボード QT70 ルンバ

もちろん我が家には欠かせないルンバもちゃんも掃除可能。ただQT70モデル全てがルンバ対応ではありません。高さ42cmから1cm刻みでオーダーできるからこそ、通れる高さをの脚をオーダーしてつけてもらってます。さらにLDセットから快適にテレビが見えるよう、全高57cmです。

著者 イエーイ

低い高さでオーダーすると箱型脚になり、床との隙間がなくなるのでルンバを使いたい方は気をつけて!
買う際は「ルンバで下を掃除させたい」とひとこと言いましょう。

さいごに

購入して半年、無垢の綺麗なデザインは飽きること無く愛着湧いてきました。安くはないものですが、しっかり計算されていて細やかなつくり、良い物を大事に長く使っていきたいです。

カリモクLDセットについてはこちらも合わせて読んでくださいね↓