ティファールケトル

3年使ってたティファールケトル(ジャスティン プラス 1.2L)が、2014年の春引っ越しで壊れてしまいました。
お湯は沸かせるんですが、センサーが壊れいつまでも沸かし続けるんです。
すぐ沸くからばにいて止めればいいと思ってたんだけど、夫は面倒だから買い換えて欲しいと。
一度沸騰し続け蒸気でキッチンボードも水浸しになっちゃったから、やっぱり買えですね。

会社の昼休みにヨドバシカメラの電気ケトル売り場へ行き、種類の豊富さにびっくりしました。
ティファールだけでも10種類ぐらいあり、どれを選べばいいかさっぱりわからないです。

我が家の初代ティファールケトルは、ホームセンターで3,000円程度で買ったはず。
沢山種類あるけど何が違うの?
上位版になると7,000円超えてて、何を基準に選べばいいの?

私の理想ケトル

  • 二人暮らしでカップ2杯分だけすぐ沸く
    • あれ?これだけ・・

      それでもわざわざ店舗にきたんだから店員さんに違いを教えてもらいたい。
      だけど皆さん接客中で昼休みは刻々と過ぎ、迷うだけ迷って退散しました。

      仕方ないから判断材料に価格コムのランキングをチェック。
      そしてランキング1位の商品をチェックしてAmazonでそのままクリック、翌日ティファールケトル(アプレシア プラス 0.8L)が届きました。

      ジャスティン プラス 1.2L から アプレシア プラス 0.8L に買い替え比較

      • 1.2Lから0.8L
      • 容量減った分フォルムが小さい
      • シャープなデザインからより丸みを帯びたフォルム
      • ライトブルーからカフェオレ色(我が家のキッチンにマッチ)
      • 水量が以前より見やすい

      改良点として注ぎ口に埃カバーがついたり、取り外しできて簡単に洗えるフィルターとかついてるみたいだけど、あんまり機能としてわからないです。
      トータル評価は、前よりコンパクトでコロンと可愛くなったからアプレシア プラス 0.8Lの方が好き。

      買い換えるまで気づかなかったこと

      コードは底にぐるぐる巻きつけて綺麗に収納することできたんですね。
      我が家のティファールケトル初代にもそれはあったのに気づかなくて、コードが邪魔だったんです。

      ティファールケトル底面

      初代のティファールケトルは御役目終了で廃棄処分、2代目はこれから頑張って活躍してもらいます。