スリムロッカーにジャストフィットのジムバッグ

いままでスポーツジムに行ってもマシンだけ利用してたけど、昨秋に人間ドッグで痩せるよう言われ泳ぎも増やしたら、荷物が増えてしまいました。いつもどちらかしかやらないですけどね。

毎回詰め替えるの面倒なので、昔から使ってる細い縦型トートバッグにまとめてざっくり詰め込んでます。その結果バッグの中身がぐちゃぐちゃパンパンで困った。ということで新しいジムバッグ買い替え、スッキリ悩み解消したのでご紹介。買ったバッグはこちらです↓

底は靴専用スペース

乾湿分離ジムバッグ

このバッグは底にファスナーが付いていて、靴を入れるスペースがあります。もちろん靴以外を入れても問題ないですよー。今まで靴は100均のナイロン巾着に入れ、取り出すたびにかき回してたけど、もう他の荷物と絡むことがないからさっと取り出せる(*´∀`*)

上部はぬれたモノと乾いたモノを分離

ジムバッグの中は乾湿分離

マシンだけ使ってた時は着替えとお風呂セットだけで濡れたものとか特に気にならなかったけど、泳ぐようになって水着などずぶ濡れのものを入れるようになったら靴やバッグをたまに濡らすようになりました。ウォーターバッグのファスナーをちゃんと締めてなかったのかな。

でもこのバッグなら、そんな細かいこと気にしなくても大丈夫。片面にはビニールが貼り付けていて水をある程度防いでくれます。

乾湿分離してるジムバッグの中身

ウェットOKゾーンには、水着やタオル、お風呂セットを入れ、ドライゾーンには着替えや化粧水など濡れては困るものを分けて詰め込めるから安心。ドライゾーンに内ポケットもあるので、生理用品などもこっそり忍ばせてます。

バッグの持ち手

見た目コンパクトなジムバッグ

バッグは沢山入るけど、見た目は案外コンパクトです。問題は手提げサイズで持ち手が短いこと。肩に掛けたら薄いパーカーでギリギリ持てる感じ。このバッグはショルダーバッグやリュックになる3wayタイプもあるので、そっち買えばよかったかな〜とそこだけ後悔。3wayタイプはキャリーオンバッグでも使えるデザインになってるから旅行にも便利だしね。

最後に

最初に探し始めたときは、ポケット多め大容量バッグだったら良いと思ってたけど、分離出来るバッグに出会え、イライラなくなり役立ってます。少し子供っぽいデザインやチープなビニールで防水するのか?と疑問も残るけど、700円以下で買えたからそこは妥協です。

でも…次の買い替えの時期になったら、このタイプでもっと性能良くカッコイイやつ買っちゃおうかな。