水玉お召着物 コーディネート

着付け体験教室で仲良くなった友達と、空堀へ行ってきました。
空堀商店街といえば大阪のレトロな町家が残るオシャレなスポットで、今回のお目当ては、古民家を利用した複合ショップ施設「練(れん)」そこの小さなアンティーク着物屋さん「芽依」です。カラフルなアンティーク着物を売っていて、すごく気になってたんですよ。

アンティーク着物が欲しいけど、一人じゃ怖くてお店に入れない…
友達に付き合ってもらってようやく店に入り、店長さんに一言。

とにかく派手な着物で、いかにもアンティークなやつが欲しい、お見立てしていただけますか?

するとニッコリ笑って店長さんが真っ赤なアンティーク着物を出してくれました。しかもカラフルな模様が入ってる。友達はギョッとしたけれど、私としては全然OK。でも年の割には派手すぎかなぁ…っと感じ他の着物も見せてくれました。

いろいろ着物を目にすると、最初の欲しい着物のコンセプトからずれていき、無難で使いまわせそうなものに手が伸びていく。

どうしよう…決まらない(´・ω・`)

2時間お店で悩んで騒ぎ、ようやく購入できました。

購入したアンティーク着物の生地と価格

水玉お召着物 価格

初めて購入したアンティーク着物は赤のお召着物15,000円でした。名古屋帯も合わせて購入し11,000円。着物デビューでリサイクル着物3,000円をしたことを考えれば5倍の価格です。帯と着物で26,000円もして結構辛い。でも気に入っちゃったし洋服と違って長く着れるから奮発します(^^)/

購入した着物の生地と帯について

お召着物と名古屋帯の生地拡大

着物は赤の水玉柄お召着物。ツルツルとしたいかにも絹らしい手触りではなく、ザラッとした風合いですが絹です。強い撚りをかけた糸で織られ丈夫。ですが雨に弱いと店長さんに教えてもらいました。八掛が柄入りの黄色で、歩く時にチラッとみえるのが可愛い!とプッシュされ(*´ω`*)

帯も小花がキュートで特にアンティークの着物と作られた時代があってるから、色柄ともにマッチすると店長さんに勧められたんです。

うきうきテンション上がるコーディネートを見立ててもらい、店長さんありがとうございました。最初に出会った店長さんが優しく教えてくれてよかった、よりアンティーク着物にはまりそうです。

著者

この着物にレースの半衿、真っ白ふわふわ素材で帯揚げ作り姫系もいいな、紺の帯揚げ帯締めできりっと引き締めるのも素敵かも。

閉店になってしまったんですが、素敵な店長さんのいたお店詳細はこちら↓